一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H13 施工 問題1-25・解答

【設問1 】施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.市街地において、地階が深く広い建築物の場合、工事の安全性、周辺への影響等を考慮して、逆打ち工法を採用した。
2.根切り工事により発生する軟弱な粘性土については、場外搬出に当たり、産業廃棄物として処理した。
3.鉄骨工事の建方において、架構の倒壊防止用ワイヤーロープを建入れ直しに兼用する計画とした。
4.設計図書の特記仕様書と現場説明書との間に相違があったので、現場説明書を優先した。
5.山留め工事の切りばりに作用する軸力の計測管理において、盤圧計を切りばりの中央に設置する計画とした。

■正解   5
山留め工事の切りばりに作用する軸力の計測管理において、盤圧計を切りばりの中央部を避け、火打ばりとの交点に近い位置に設置する計画とした。

【設問2】 材料管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.やむを得ず現場において既製コンクリート杭を長期間保存する場合、現場溶接を行う開先部については、防錆処理を行った。
2.木箱、パレット又は車輪付き裸台を用いて運搬してきた板ガラスについては、屋内の乾燥した場所に荷姿のまま保管した。
3.JIS規格品の異形鉄筋の種類については、「圧延マークによる表示」又は「色別塗色による表示」により確認した。
4.JIS形高力ボルトを未開封状態のまま工事現場へ搬入し、その受入れ時に、荷姿、種類、等級、径、長さ、ロット番号等を確認した。
5.使用量の多い上塗り用の塗料については、色及び品質のばらつきを防止するため、工事現場において調色を行った。

■正解   5
現場において調色を行ってはならない

【設問3】工事現場の管理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.民間(旧四会)連合協定「工事請負契約約款」において、工事中に契約の目的物の一部を発注者が使用する場合、法令に基づいて必要となる手続きは、監理者が行い、その手続きに要する費用は、請負者の負担とされている。
2.建設業法において、元請負人は、その請け負った建設工事を施工するために必要な工程の細目、作業方法その他元請負人において定めるべき事項を定めようとするときは、あらかじめ、下請負人の意見をきかなければならないとされている。
3.労働安全衛生法施行令において、事業者は、型枠支保工の組立て又は解体の作業に当たっては、その工事の作業主任者を選任しなければならないとされている。
4.労働安全衛生規則において、事業者は、3m以上の高所から物体を投下するときは、適当な投下設備を設け、監視人を置く等労働者の危険を防止するための措置を講じなければならないとされている。
5.日本建築学会「建築工事標準仕様書」において、施工者は、品質管理、安全管理及び環境保全のうえで無理のない施工計画を立案することとさ

■正解   1

【設問4】  建築工事に関連する届出等とその提出先との組合せとして、最も不適当なものはどれか。
1.建設工事計画届 - 都道府県知事
2.道路使用許可申請書 - 警察署長
3.航空障害灯及び昼間障害標識設置の届出- 地方航空局長
4.工事監理報告書 - 建築主
5.共同企業体代表者届 - 都道府県知事

■正解   1
建設工事計画届  - 労働基準監督署

【設問5】  地盤調査に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.排水対策を検討するため、砂質土の透水係数を現場透水試験により求めた。
2.粘性土地盤の支持力を求めるため、三軸圧縮試験を行った。
3.非常に柔らかい粘土の圧密係数を求めるため、ベーン試験を行った。
4.地盤沈下地帯において、杭の支持力判定の資料を得るため、先端支持力と周面摩擦力とを十分な精度で分離した鉛直載荷試験を行った。
5.土の単位体積質量を求めるため、乱さない試料を用いて、湿潤密度試験を行った。

■正解   3
圧密係数を求めるのは圧密試験ベーン試験は、粘性土の「せん断強さ」の調査に用いる。

【設問6】 仮設工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.屋内に設ける仮設通路については、通路面を、つまずき、すべり、踏抜等の危険がないようにし、通路面から高さ1.8m以内に障害物がないようにした。
2.つり足場の作業床については、幅を40㎝とし、かつ、隙間がないように設置した。
3.高さ又は深さが1.5mを越える箇所における作業については、労働者が安全に昇降するための設備等を設置した。
4.鋼管規格に適合する単管足場において、建地の間隔については、けた行方向を1.8m、はり間方向を1.5mとした。
5.タワークレーン作業の安全確保のため、強風時においては、作業を中止し、タワークレーンの旋回装置を固定した。

■正解   5
タワークレーンの旋回装置は、フリーとする。

【設問7】 土工事及び山留め工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.透水性のよい山砂を用いる埋戻しに当たって、周囲の原地盤が粘性土で水はけが悪い場合は、埋戻しの底部から排水しながら水締めを行う必要がある。
2.地盤アンカー工法は、アンカーによって山留め壁を支えるので、一般に、切りばりは不要である。
3.粘性土地盤の床付けにおいて、杭間ざらいに当たって、地盤を掘りすぎた場合は、掘った土を埋戻し、転圧により締固めを行う。
4.地山を掘り緩めた場合、「地山に対する容積比」は、一般に、砂に比べて、ロームのほうが大きい。
5.山留め支保工の支柱は、十分な安全性を確保したうえで、工事用桟橋の支柱と兼用することができる。

■正解   3
粘性土を埋戻すのではなく、砂質土を埋戻す

【設問8】杭地業工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.一群の既製コンクリート杭については、群の中心から外側へ向かって打ち進めた。
2.場所打ちコンクリート杭の長さが設計図書と異なったので、鉄筋かごの長さは、最下段の鉄筋かごで調整した。
3.既製コンクリート杭の建込みにおいて、下杭の傾斜が確認されたので、上杭との継手部分で傾斜の修正を行った。
4.寒冷地以外における場所打ちコンクリート杭に使用するコンクリートの調合については、気温によるコンクリートの強度の補正を行わなかった。
5.既製コンクリート杭の継手を溶接するため、下杭の打残しは、溶接の作業が容易にできる高さとした。

■正解  3
上杭との継手部分で傾斜の修正を行ってはならない

【設問9】鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.あばら筋、帯筋及びスパイラル筋の加工寸法(外側寸法)の許容差は、特記のない場合、その建築物の鉄筋コンクリートの構造体及び部材の「計画供用期間の級」にかかわらず、±5mmとした。
2.鉄筋コンクリートによる片持スラブの上端筋の先端のフックは、SD295A のD16を用いる場合、折曲げ角度を90度とし、余長を3d(dは異形鉄筋の呼び名に用いた数値)とした。
3.柱の主筋と帯筋との交差部における鉄筋相互の結束は、四角の交点において全数行い、その他の交点において半数以上行った。
4.屋根スラブの出隅及び入隅の部分には、ひび割れを防止するため、屋根スラブの補強筋を屋根スラブの主筋の上端筋の下側に配置した。
5.先組み鉄筋における軸方向鉄筋は、接合する他の軸方向鉄筋と確実、かつ、容易に接合できるよう加工し、各種治具を用いて鉄筋位置の精度を高めた。

■正解   2
SD295AのD16を用いる場合、折曲げ角度を90度とし、余長は4dとする。

【設問10】型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.支保工の存置期間をコンクリートの圧縮強度により決定する場合、現場における水中養生又は封かん養生の供試体による圧縮強度試験値を使用する。
2.コンクリートの側圧は、コンクリートの温度及び気温が高いほど、一般に、減少する。
3.せき板の存置期間の平均気温が20℃の場合、早強ポルトランドセメントを用いたコンクリートにおいて、圧縮強度試験を行わない場合は、材齢が2日に達すれば柱及び壁のせき板を取り外すことができる。
4.庇の支保工は、コンクリートの圧縮強度が12N/m㎡以上であれば、コンクリートの圧縮強度が設計基準強度に達する前に取り外すことができる。
5.型枠支保工の組立ては、支柱、はり、つなぎ、筋かい等の部材の配置、接合の方法及び寸法を記入した組立図を作成し、その組立図により行う。

■正解   4
告示ではひさしの支保工の存置期間は、はり下の支保工と同じく28日間もしくは設計基準強度の100%以上の強度となっている。JASS5では設計基準強度が12N以上でかつ計算により安全確認した場合に取り外すことができる。

【設問11】  コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
軽量コンクリート2種の設計基準強度の最大値は、27N/m㎡であり、気乾単位容積質量の範囲は、1.4~1.7t/mである。
2.暑中コンクリートの適用期間にコンクリートを打込む場合は、練混ぜを開始してから打込みが終わるまでの時間を、90分以内とする。
3.高強度コンクリートは、「中性化」や「塩化物イオンの浸透」に対する抵抗性に優れているので、通常のコンクリートと同程度のかぶり厚さとすることにより、耐久性の向上が期待できる。
4.マスコンクリートを適用する部材を特記する場合には、一般に、最小断面寸法が壁状部材については80㎝以上、マット状部材及び柱状部材については100㎝以上を目安とする。
5.凍結融解作用を受けるおそれのあるコンクリートを振動機を用いて締固めを行う場合は、密実なコンクリートが打ち込めるように空気量を3%以下とし、かつ、加振時間を標準より長くする。

■正解   5
空気量の下限値4%以上である。

【設問12】コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.はり及びスラブの鉛直打継ぎ部は、欠陥が生じやすいので、できるだけ設けないほうがよいが、やむを得ず鉛直打継ぎ部を設ける場合は、部材のスパンの中央付近に設ける。
2.コンクリートをポンプ工法により圧送する場合は、圧送に先立ち、流動性のよい貧調合のモルタルを圧送して輸送管内面の潤滑性を付与し、コンクリートの品質変化を防止する。
3.スランプが18㎝程度のコンクリートをポンプ工法により打ち込む場合は、一般に、打込み速度20~30㎥/hを目安として計画する。
4.型枠振動機による加振時間は、部材の圧さ及び形状、型枠の剛性、打込み方法等によって異なり、一般に、スランプが18㎝程度のコンクリートの場合は、1~3分を標準とする。
5.コンクリートの打込み後において、プラスティック収縮ひび割れ、沈みひび割れ等が発生した場合は、凝結終了前に、コンクリート表面のタンピング等により処置する。

■正解   2
富調合モルタルを圧送して輸送管内面の潤滑性を付与し、コンクリートの品質変化を防止する。

【設問13】鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.閉鎖形断面の部材に溶融亜鉛めっきを施すので、部材の両端には、亜鉛及び空気の流出入用の開口を設けた。
2.鉄骨の建方に先立って行うベースモルタルの施工において、ベースモルタルの養生期間は、3日間以上とした。
3.スタッド溶接は、大電流を繰り返し使用する溶接方法であり、電源容量の不足は溶接不良の原因となるので、良好な溶接結果を得るため、電源はスタッド溶接専用とした。
4.高力ボルト用の孔あけ加工において、鉄骨部材の板厚が13mm以下であったので、せん断孔あけとした。
5.母材を加熱して溶接作業を行っていたところ、作業場所の温度が-5℃を下まわったので、作業を中止した。

■正解     4
高力ボルト用の孔あけ加工は、板厚にかかわらずドリルあけとする。

【設問14】
鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.高力ボルト摩擦接合部の摩擦面となる部分については、鉄骨に錆止め塗装を行わなかった。
2.JIS形高力ボルトの本締付け完了後、すべてのボルトについて、一次締付け後に付したマークのずれにより「共回りの有無」、「ナットの回転量」及び「ナット面から突き出した余長の過不足」を目視により検査した。
3.クレーンガーダーにおいて、突合せで完全溶込み溶接をする部材の板厚が異なる場合は、厚い部材側にテーパーを付け、開先部の板厚が同一となるようにした。
4.見え隠れとなるエンドタブの切断については、設計図書に特記がなく、監理者の指示もないので、行わなかった。
5.鋼材の曲げ加工を加熱加工により行う場合、鋼材の温度を300℃とした。

■正解     5
赤熱状態900℃とする。

【設問15】防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.アスファルト防水の下地面の入隅は、通りよく半径50mm程度の丸面又は45度に仕上げる。
2.アスファルト防水の密着工法において、一般平場のルーフィング類の張付けは、流し張りとし、その重ね幅は、長手及び幅方向とも、100mm程度とする。
3.シート防水工事及び改質アスファルトシート防水工事(トーチ工法)は、不透水性皮膜を形成することにより防水する工事の総称であるメンブレン防水工事に含まれる。
4.ステンレスシート防水工事において、成型材の長手方向の末端を異なる方向の成型材と溶接するTジョイントは、末端から約150mmの折上げ部を倒し、接続する成型材と平行に折り上げてシーム溶接する。    
5.シーリング工事において、目地周辺の汚れの防止及び目地ぎわを通りよく仕上げるために使用するマスキングテープは、シーリング材が硬化していることを確認してから除去する。

■正解      5
へら仕上げ後直ちに除去する。

【設問16】ガラス工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.合わせガラスは、2枚以上の板ガラスを強靭な中間膜によってはり合わせたガラスであり、破損時の破片の飛散が防止されるので、安全性が高い。
2.地震による面内変形を受けた場合、ガラスのエッジとはめ込み溝の底との間のクリアランス(エッジクリアランス)が十分でないと割れることがある。
3.タペストリー加工を施したフロートガラスの強度は、同厚のフロートガラスと比べて、高い。
4.はめ込み構法の種類には、不定形シーリング材構法、グレイジングガスケット構法、構造ガスケット構法等がある。
5.熱線反射ガラスの清掃は、ガラス表面の反射膜に傷を付けないように、軟らかいゴム、スポンジ等を用いて水洗いとする。

■正解     3
タペストリー加工を施したフロートガラスの強度は、同厚のフロートガラスと比べて、弱い

【設問17】内装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.フローリングの割付けは、室の中心から行い、寸法の調整は、出入口を避け、壁際において行った。
2.鋼製壁下地におけるスタッドの間隔は、ボード1枚張りの場合、450mmとした。
3.洗面所の床には、エポキン系接着剤を使用してホモジニアスビニル床タイルを張つた。
4.鋼製天井下地において、天井ふところが1,500mmであったので、丸鋼により吊りボルトの振止め補強を行った。
5.せっこうボードの木製下地への釘打ちには、せっこうボードの厚さの3倍の長さのせっこうボード用くぎを使用した。

■正解     2
鋼製壁下地におけるスタッドの間隔は、ボード1枚張りの場合、300mmとした。

【設問18】外装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.カーテンウォール工事において、躯体付け金物の取付け位置の寸法許容差は、特記がなかったので、鉛直方向を±25mm、水平方向を±40mmとした。鉛直方向を±10mm以下、水平方向を±25mm以下とする。
2.塗り仕上げ外壁の改修工事において、既存塗膜の劣化部の除去については、サンダー工法を採用した。
3.改良圧着張りによる外壁のタイル張り工事において、張付けモルタルの1回の塗付け面積は、2m2とした。
4.外壁乾式工法による張り石工事において、石材の寸法を、幅1,000mm、高さ800mmとした。
5.コンクリートの外壁面への仕上塗材の吹付け工事は、コンクリート下地の表面含水率が10%以下の状態で行った。

■正解     1
鉛直方向を±10mm以下、水平方向を±25mm以下とする。

【設問19】設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.やむを得ず給水タンクの上部に給水ポンプを設置するので、衛生上必要な措置として、給水タンクの上部には、受け皿を設けた。
2.雨水排水管(雨水排水立て管を除く。)を汚水排水のための配管に連絡する部分には、排水トラップを設けた。
3.ウォーターハンマーが生じるおそれがあるので、給水管には、エアチャンバーを設けた。
4.汚水排水管には、排水管内の衛生害虫等の移動を防止し、臭気を有効に遮断するため、二重にトラップを設けた。
5.排水トラップの封水部に加わる管内圧力と大気圧との差により排水トラップが破封しないように、通気管を設けた。

■正解     4
汚水排水管には、2個以上のトラップを設けると、各トラップ間の空気が密閉状態となり水が流れにくくなるので、二重にトラップを設けてはならない

【問 20】壁式プレキャスト鉄筋コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.風速が毎秒7m程度で、かつ、突風のおそれがなかったので、部材の組立て作業を続行した。
2.壁と壁との鉛直接合部は、接合部材から出ている接合用の鉄筋を相互に溶接した後、コンクリート又はモルタルを充填するウェットジョイント方式とした。
3.部材接合部の防水施工において、建築用シーリング材を充填する部分に欠けがあったので、建築用シーリング材により「捨て打ち」を行い、初期補修用プレミックスポリマーセメントモルタルを用いて補修した。
4.部材接合部に用いる充填コンクリートの調合については、単位水量を180kg/m3とし、スランプを20cmとした。
5.一般階における壁部材の位置の墨出しは、床部材の組立て後、溶接及び充填コンクリートの打込み前に行った。 

■正解      5   
溶接及び充填コンクリート打込み後に行った。

【設問11】各種工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.メーソンリー工事において、空洞コンクリートブロックの1日の積上げ高さを、1.6mとした。
2.階数が2以下の木造軸組工法の基礎工事において、布基礎に先付けするアンカーボルトの間隔を、最大2.7mとした。
3.左官工事において、やむを得ず壁のコンクリート下地の不陸の調整を行う場合、つけ送りの1回の塗り厚を、15mmとした。
4.外壁乾式工法による張り石工事において、石材の裏面と躯体コンクリート面との間隔を、70mmとした。
5.タイル部分張替え工法による外壁改修工事において、ポリマーセメントモルタルを使用する場合、下地面に水湿しを行った。

■正解     3
つけ送りの1回の塗り厚を、9mm以下とする。

【設問22 】建築工事に関する用語とその説明の組合せとして、最も関係の少ないものは、次のうちどれか。
1.遣方 - 建築に先立って、柱心等の基準となる水平位置を示すために設ける仮設物
2.サンドドレン - 砂中を上向きに流れる水流圧力によって、砂粒がかきまわされ、湧き上がる現象
3.スカラップ - 鋼構造部材の溶接接合部において、2方向からの溶接線が交差するのを避けるために、片方の部材に設ける部分的な円弧状の切欠き
4.トレミー管 - 水中コンクリートの打込みに用いられる、上端に漏斗状の受け口をもつ水密性のある管
5.   釜場 - 根切りの底面又は水槽等の底面に設け、そこにポンプの吸込み口を設置して排水するためのくぼみ

■正解     2
設問は、ボイリングの説明である。

【設問23 】建築積算に関する次の記述のうち、建築工事建築数量積算研究会「建築数量積算基準」に照らして、最も不適当なものはどれか。
1.鉄筋コンクリート造の床板におけるコンクリートの数量は、原則として、「設計寸法による板厚」と「はり等に接する内法面積」とによる体積とし、柱との取り合い部分の床板の欠除は、計測・計算の対象としない。
2.鉄筋コンクリート造の階段における型枠の数量は、コンクリートの底面及び他の部分に接続しない側面、踏面並びに蹴上げの面積とする。
3.あばら筋のピッチが示されているときの鉄筋の割付本数は、あばら筋を入れる部分の長さをあばら筋のピッチで除し、小数点以下第1位を切り上げた整数とする。
4.鉄骨工事において、鉄骨材料の数量を算出する場合、ボルト類については、設計数量に4%の割増しをした数値を標準とし、アンカーボルト類については、設計数量の割増しは行わない。
5.仕上工事において、間仕切下地の数量を算出する場合、面積が0.5㎡以下の開口部については、その開口部による間仕切下地の欠除は、原則として、ないものとする。

■正解     3
あばら筋のピッチが示されているときの鉄筋の割付本数は、あばら筋を入れる部分の長さをあばら筋のピッチで除し、小数点以下第1位を切り上げた整数に1を加えた値とする。

【設問24 】請負契約に関する次の記述のうち、民間(旧四会)連合協定「公示請負契約約款」に照らして、最も不適当なものはどれか。
1.現場代理人は、監理技術者、主任技術者及び専門技術者を兼ねることができる。
2.発注者は、請負者が正当な理由なく、着手期日を過ぎても工事に着手しないときは、書面をもって工事を中止し又はこの契約を解除することができる。
3.請負者は、図面・仕様書又は監理者の指示について、請負者がこれによって施工することが適当でないと認めたときは、直ちに書面をもって監理者に通知する。
4.請負者は、工事を完了したときは、監理者に検査を求め、監理者は、すみやかにこれに応じて発注者の立会のもとに検査を行う。
5.建築設備の機器・室内装飾・家具等の瑕疵については、引渡の時、監理者が検査をして直ちにその修補又は取替を求めなければ、かくれた瑕疵を除き、請負者は、その責を負わない。

■正解     4
請負者は、工事を完了したときは、監理者に検査を求め、監理者は、すみやかにこれに応じて受注者の立会のもとに検査を行う。

【設問25 】次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.    再生資源の利用の促進に関する法律(リサイクル法)において、再生資源の有効な利用を図る上で特に必要なものとして定められた建設業における指定副産物には、土砂、コンクリートの塊、木材とともに金属くずが該当する。
2.シーリング工事において、目地への充填は、原則として、目地の交差部又はコーナー部から行う。
3.廃棄物の処理及び清掃に関する法律において、事業者は、産業廃棄物の運搬又は処分を委託する場合には、当該産業廃棄物について発生から最終処分が終了するまでの一連の処理の工程における処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるように努めなければならないとされている。
 4.ガラス工事において、外部に面する網入り板ガラスの防錆処置は、ガラスの下辺小口及び縦小口下端から1/4の高さまで行う。
5.ISO9001(JISQ9001)において、組織は、品質マネジメントシステムを確立し、文書化し、実施し、かつ、維持することとされ、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善することとされている。

■正解     1
再生資源の有効な利用を図る上で特に必要なものとして定められた建設業における指定副産物には、金属くずは該当しない