一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H14 構造 問題6-25・解答

【設問7】地震時における建築物の振動に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.建築物は、その固有周期又はそれに近い周期で加振される場合、一般に、減衰定数が小さいものほど、大きい振幅の振動が発生する。
2.振動の固有モードの節(不動点)は、1次の固有モードの場合には、固定端のみの1個であり、2次、3次と次数が増すごとに、1個ずつ増える。
3.建築物の固有周期は、質量が同じ場合、水平剛性が大きいものほど、短くなる。
4.固有周期が短い建築物ほど、積層ゴム支承等を用いた免震構造を採用する場合、一般に、地震時に作用する水平力を低減する効果が大きい。
5. 地震動の変位応答スペクトルは、一般に、周期が長くなるほど、小さくなる。

■正解     5
× 地震動の変位応答スペクトルは、一般に、周期が長くなるほど、小さくなる
× 地震動の変位応答スペクトルは、一般に、周期が長くなるほど、大きくなる。  

【設問8】建築基準法における建築物の構造計算に用いる風圧力に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.地表面粗度区分を決定するに当たっては、都市計画区域の指定の有無、海岸線からの距離、建築物の高さ等を考慮する。
2.基準風速は、稀に発生する暴風時の地上10mにおける10分間平均風速に相当する値である。
3.ガスト影響係数は、風の時間的変動により建築物が揺れた場合に発生する最大の力を算定するために用いる係数である。
4.風圧力の計算に用いる速度圧は、その地方における基準風速の平方根に比例する。
5.閉鎖形の建築物における風力係数は、一般に、その建築物の外圧係数と内圧係数とを用いて算定する。

■正解     4
× 風圧力の計算に用いる速度圧は、その地方における基準風速の平方根に比例する。
 風圧力の計算に用いる速度圧は、その地方における基準風速の二乗に比例する。

【設問9】土質・地盤に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.直接基礎の鉛直支持力を算定する場合に用いる地盤定数は、主に「支持地盤の粘着力」、「支持地盤の内部摩擦角」及び「支持地盤及び根入れ部の土の単位堆積重量」である。
2.砂質土では、一般に、N値が大きくなると内部摩擦角は小さくなる。
3.液状化の判定を行う必要がある飽和土層は、一般に、地表面から20m程度以内の深さの沖積層で、細粒土含有率が35%以下の土層である。
4.一軸圧縮試験は、粘性土の強度を調べる試験方法であり、その強度により、粘性土の摩擦力、変形係数等の値を推定することができる。
 5.平板載荷試験により調査できる「地盤の支持力特性」は、載荷板幅の1.5~2.0倍程度の深さまでである。

■正解    2
× 砂質土では、一般に、N値が大きくなると内部摩擦角は小さくなる
 砂質土では、一般に、N値が大きくなると内部摩擦角は大きくなる

【設問10】木質構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.3階建の建築物において、隅柱は、接合部を通し柱と同等以上の耐力を有するように補強した場合、通し柱としなくてもよい。
2.合板等を用いた耐力壁は、一般に、大きなせん断耐力を有しているので、柱・横架材接合部には、大きな引抜き力が作用する可能性がある。
3.和小屋の小屋ばりに生じる主要な力は、曲げモーメントである。
4.平面が長方形の建築物において、耐力壁の必要壁量(所要有効長さ)が地震力により決定される場合、はり間方向及びけた行方向の耐力壁の必要壁量は、同じ値となる。
5.1か所の接合部にボルトと釘とを併用する場合、その接合部の許容耐力については、一般に、ボルトの許容耐力と釘の許容耐力とを加算することができる。

■正解     5

× 1か所の接合部にボルトと釘とを併用する場合、その接合部の許容耐力については、一般に、ボルトの許容耐力と釘の許容耐力とを加算することができる

 1か所の接合部にボルトと釘とを併用する場合、その接合部の許容耐力については、一般に、ボルトの許容耐力と釘の許容耐力とを加算することはできない


【設問11】壁式鉄筋コンクリート構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.耐力壁の最小せん断補強筋比は、標準せん断力係数の下限値により算定された層せん断力をせん断補強筋が負担できることを目安に定められている。
2.耐力壁の反曲点を階高の中央とするために、壁ばりの幅は、これに接する耐力壁の壁厚以上とし、壁ばりのせいは、原則として、45㎝以上とする。
3.耐力壁の開口部の隅角部において、開口縁の縦筋及び横筋に所定の鉄筋量を割り増して配筋することにより、ひび割れの拡大防止に有効な斜め筋を配筋しないことができる。
4.軟弱地盤において、基礎ばりを剛強とした場合、最下階の床を鉄筋コンクリート構造としなくてもよい。
5.壁が上下階で連続しない場合、上階の壁を耐力壁として有効なものとするためには、上階の耐力壁が負担する軸方向力と水平力とを、下階の耐力壁に伝達させる必要がある。

■正解    4
× 軟弱地盤において、基礎ばりを剛強とした場合、最下階の床を鉄筋コンクリート構造としなくてもよい
 軟弱地盤において、基礎ばりを剛強とした場合も、最下階の床を鉄筋コンクリート構造とする

【設問12】「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく「日本住宅性能表示基準」における構造の安定に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)」は、極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを表示している
2.「耐震等級」における等級1は、建築基準法上の耐震性能に関する要求レベルを満足していることを意味する。
3.「耐風等級」及び「耐積雪等級」については、等級はその数値が大きくなるにしたがって、より大きな力に対して所要の性能を有することを表示している。
4.「耐風等級」は、暴風に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさ及び構造躯体の損傷の生じにくさを表示している。
5.「基礎の構造方法及び形式等」の事項は、地震に対する基礎の損傷の生じにくさの程度を等級により表示している。

■正解     5
×「基礎の構造方法及び形式等」の事項は、地震に対する基礎の損傷の生じにくさの程度を等級により表示している。
「基礎の構造方法及び形式等」の事項は、直接基礎の構造と形式または杭基礎の杭の径および杭の長さを表示している

【設問13】鉄骨鉄筋コンクリート構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.柱の長期許容せん断力は、鉄骨部分の長期許容せん断力を無視し、鉄筋コンクリート部分のみの長期許容せん断力とした。
2.柱の設計において、コンクリートの許容圧縮応力度を圧縮側鉄骨比に応じて低減した。
3.柱の設計において、座屈長さが断面せいの12倍を超えたので、圧縮力とたわみにより付加される曲げモーメントによる影響を考慮して、柱の耐力の算定を行った。
4.はりのたわみを計算する場合において、鉄筋コンクリート部分と鉄骨部分とを一体として求めた曲げ剛性を用いた。
5.柱の設計において、鉄筋コンクリート部分と鉄骨部分とを一体として、局部座屈が生じない断面とした場合、施工時の局部座屈に対する検討を省略した。

■正解     5

× 柱の設計において、鉄筋コンクリート部分と鉄骨部分とを一体として、局部座屈が生じない断面とした場合、施工時の局部座屈に対する検討を省略した

 柱の設計において、鉄筋コンクリート部分と鉄骨部分とを一体として、局部座屈が生じない断面とした場合でも、施工時の局部座屈に対する検討は入念に行わなければならない


【設問14】【設問15】問題データなし


【設問16】鉄骨構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.応力が許容応力度以下となった小ばりのたわみを小さくするため、同じ断面寸法で降伏強度の大きい材料に変更した。
2.引張力を負担する筋かい材の設計において、筋かい材が塑性変形することにより地震のエネルギーを吸収できるように、接合部の破断強度を軸部の降伏強度より十分に大きくした。
3.H形断面のはりの設計において、フランジの局部座屈を生じにくくするため、フランジの幅厚比を小さくした。
4.骨組の靭性を高めるため、塑性化が予想される部位に降伏比の小さい材料を採用した。
5.  正方形断面を有する角形鋼管の柱の設計においては、横座屈のおそれがないので、許容曲げ応力度を許容引張応力度と同じ値とした。

■正解    1
× 応力が許容応力度以下となった小ばりのたわみを小さくするため、同じ断面寸法で降伏強度の大きい材料に変更した。
 応力が許容応力度以下となった小ばりのたわみを小さくするため、同じ断面寸法で降伏強度の大きい材料に変更しても効果はない
(鋼材のヤング係数は一定値である。)

【設問17】鉄骨構造の接合部に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.「角形鋼管の柱」と「H形鋼のはり」とを用いた柱はり接合部の場合、はりウェブ接合部の曲げ耐力を、はりウェブが取り付けられる柱フランジの面外変形の影響を考慮して算定した。
2.溶接継目ののど断面の長期応力に対する許容応力度は、異種鋼材の溶接の場合、接合される母材の許容応力度のうち、大きいほうの値とした。
3.すみ肉溶接の有効長さは、まわし溶接を含めた溶接の全長から、すみ肉のサイズの2倍を減じたものとした。
4.はりに溶接組立てH形鋼を用いる場合、フランジとウェブの接合を、すみ肉溶接とした。
5.せん断力のみを受ける高力ボルト摩擦接合部の設計において、繰返し応力の効果を考慮しなかった。

■正解    2

× 溶接継目ののど断面の長期応力に対する許容応力度は、異種鋼材の溶接の場合、接合される母材の許容応力度のうち、大きいほうの値とした。

 溶接継目ののど断面の長期応力に対する許容応力度は、異種鋼材の溶接の場合、接合される母材の許容応力度のうち、小さいほうの値とした


【設問18】杭基礎に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.杭の先端の支持地盤が砂質土の場合、一般に、場所打ちコンクリート杭の極限先端支持力度は、セメントミルク工法による埋込み杭の極限先端支持力度より大きい。
2.1本当たりの杭頭荷重が等しい場合、一般に、群杭の沈下量は、単杭の沈下量より大きい。
3.既製コンクリート杭の溶接継手が十分な施工管理のもとに溶接される場合、継手による杭の支持力の低減は考慮しなくてもよい。
4.地震時には地盤も振動するので、地層の構成によっては、上部構造の慣性力による杭頭への水平力のほかに、地盤の変形が杭に与える影響を考慮する必要がある。
5.同じ地盤に埋設される長い杭において、杭に作用する水平力、杭の種類及び杭径が同じ場合、杭頭の固定度が低いほど、杭頭の水平変位は大きくなる。

■正解    1

×  杭の先端の支持地盤が砂質土の場合、一般に、場所打ちコンクリート杭の極限先端支持力度は、セメントミルク工法による埋込み杭の極限先端支持力度より大きい

○  杭の先端の支持地盤が砂質土の場合、一般に、場所打ちコンクリート杭の極限先端支持力度は、セメントミルク工法による埋込み杭の極限先端支持力度より小さい


【設問19】基礎構造、地盤等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.構造体と土の状態が同じ条件であれば、土圧の大小関係は、一般に、受働土圧>静止土圧>主働土圧である。
2.砂地盤において、直接基礎の底面に単位面積当たり同じ荷重が作用する場合、一般に、基礎底面が大きいほど、即時沈下量は小さくなる。
3.直接基礎の鉛直支持力は、一般に、傾斜地盤上(基礎周囲の一部が下り斜面)の場合に比べて、水平地盤上のほうが大きい。
4.直接基礎の鉛直支持力は、一般に、地下水位が高くなると小さくなる。
5.  地下外壁に作用する土圧は、地表面に等分布荷重が作用する場合、一般に、「地表面荷重がない場合の土圧」に「地表面の等分布荷重に静止土圧係数を乗じた値」を加えたものとする。

■正解    2

× 砂地盤において、直接基礎の底面に単位面積当たり同じ荷重が作用する場合、一般に、基礎底面が大きいほど、即時沈下量は小さくなる

 砂地盤において、直接基礎の底面に単位面積当たり同じ荷重が作用する場合、一般に、基礎底面が大きいほど、即時沈下量は大きくなる


【設問20】建築構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.鉄筋コンクリート構造の柱において、帯筋比を大きくすると、一般に、短期許容せん断力は大きくなる。
2.同一架構において、プレストレストコンクリート部材と鉄筋コンクリート部材とを併用することができる。
3.コンクリート充填鋼管(CFT)部材は、型枠が不要であり、一般に、鉄筋を入れる必要がない部材である。
4.鉄筋コンクリート構造において、一般に、壁式構造の建築物は、ラーメン構造の建築物に比べて、地震時の水平変形が小さい。
5. 鉄筋コンクリート構造のはりにおいて、圧縮側の鉄筋量を増やしても、クリープによるたわみを小さくする効果はない。

■正解    5
× 鉄筋コンクリート構造のはりにおいて、圧縮側の鉄筋量を増やしても、クリープによるたわみを小さくする効果はない
 鉄筋コンクリート構造のはりにおいて、圧縮側の鉄筋量を増やせば、クリープによるたわみを小さくする効果がある

【設問21】地震力に対する建築物の限界耐力計算に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.損傷限界は、建築物の耐用年限中に少なくとも一度は発生する程度(中規模)の地震力の作用後において、建築物の安全性、使用性及び耐久性が低下せず、そのための補修を必要としない限界である。
2.安全限界は、建築物の耐用年限中に極めて稀に発生する程度(大規模)の地震力に対して、鉛直荷重支持部材がその支持能力を保持しつつ水平変形し、倒壊等に到らない限界である。
3.安全限界の検証に用いる標準加速度応答スペクトルの大きさは、損傷限界の検証に用いる大きさの5倍である。
4.部材の塑性変形能力が高いほど、建築物全体の減衰性は小さい。
5.  保有水平耐力から安全限界耐力を算定する場合、建築物のいずれかの階が最初に保有水平耐力に達するときの建築物の耐力を安全限界耐力とする。

■正解    4

× 部材の塑性変形能力が高いほど、建築物全体の減衰性は小さい

 部材の塑性変形能力が高いほど、建築物全体の減衰性は大きい


【設問22】建築物の耐震設計等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.鉄筋コンクリート構造の建築物において、腰壁と柱との接合部に適切なスリットを設けた場合、はりの剛性及び能力の算定については、腰壁部分の影響を考慮した。
2.鉄骨鉄筋コンクリート構造の柱脚を非埋込み形とした場合、その柱脚の終局耐力は、「アンカーボルト」、「ベースプレート直下のコンクリート」及び「ベースプレート周囲の鉄筋コンクリート」の部分の終局耐力を累加することによって算定した。
3.鉄骨構造の筋かいとして単一の山形鋼を用いた場合、その筋かいの引張耐力は、突出脚の一部を無視した断面を用いて算定した。
4.木製の筋かいを有する木質構造の靭性を確保するため、筋かいに座屈や引張破断が生じる前に、筋かい端部の接合部が破壊しないように設計した。
5.鉄骨構造の筋かい付きの骨組の保有水平耐力の算定において、圧縮側筋かいの耐力を加算する場合、一対の筋かいの水平せん断耐力を、圧縮側筋かいの座屈時の水平力の2倍とした。

■正解   4

× 木製の筋かいを有する木質構造の靭性を確保するため、筋かいに座屈や引張破断が生じる前に、筋かい端部の接合部が破壊しないように設計した

 木製の筋かいを有する木質構造の靭性を確保するため、筋かいに座屈や引張破断が生じる前に、筋かい端部の接合部が破壊するように設計した


【設問23】木材に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.木材の繊維方向の材料強度は、一般に、引張強度に比べて、圧縮強度のほうが大きい。
2.木材のクリープによる変形は、一般に、気乾状態に比べて、湿潤状態のほうが大きい。
3.木材の心材の耐朽性は、一般に、「べいすぎ」に比べて、「べいつが」のほうが優れている。
4.断面がある程度大きい木材は、表面が燃焼しても、その部分に形成される炭化層によって、深部まで急速に燃焼が及ぶことはない。
5.木材は、一般に、引張り及び曲げに対して靭性を有さず、脆性的な破壊をする。

■正解    3
×  木材の心材の耐朽性は、一般に、「べいすぎ」に比べて、「べいつが」のほうが優れている
○  木材の心材の耐朽性は、一般に、「べいすぎ」のほうが、「べいつが」より優れている


【設問24】コンクリートに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.軽量コンクリート1種の許容せん断応力度は、同じ設計基準強度の普通コンクリートの許容せん断応力度と等しい。
2.必要な強度等が確保される条件において、単位セメント量が少ないコンクリートほど、一般に、水和熱及び乾燥収縮によるひび割れが発生しにくい。
3.AE剤等を用いるコンクリートの空気量は、一般に、4%以上5%以下とする。
4.コンクリートの品質基準強度は、コンクリートの設計基準強度とコンクリートの耐久設計基準強度のうち、大きいほうの価に3N/m㎡を加えた値である。
5.  常温におけるコンクリートの線膨張係数は、設計上、一般に、10×10-6/℃ を用いる。

■正解    1
× 軽量コンクリート1種の許容せん断応力度は、同じ設計基準強度の普通コンクリートの許容せん断応力度と等しい
 軽量コンクリート1種の許容せん断応力度は、同じ設計基準強度の普通コンクリートの許容せん断応力度より小さい

【設問25】鋼材等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.建築構造用圧延鋼材(SN材)のうち、板厚12mm以上のSN490B材については、降伏後の変形能力及び溶接性を保証する規定が定められている。
2.同じ鋼塊から圧延された鋼材の降伏点は、一般に、板厚の厚いものに比べて、板厚の薄いもののほうが高くなる。
3.鉄骨構造の柱の継手部分のいずれの部分においても引張り応力が働かない場合には、圧縮率及び曲げモーメントの全部をその接触面によって伝達するメタルタッチ継手を用いることができる。
4.一般構造用圧延鋼材(SS材)については、鋼材温度が約350℃になると、降伏点が常温時の約2/3に低下する。
5.  高強度の鉄筋コンクリート用棒鋼の長期許容引張応力度は、基準強度Fの2/3より小さい場合がある。

■正解   3
× 鉄骨構造の柱の継手部分のいずれの部分においても引張り応力が働かない場合には、圧縮率及び曲げモーメントの全部をその接触面によって伝達するメタルタッチ継手を用いることができる。
○  鉄骨構造の柱の継手部分のいずれの部分においても引張り応力が働かない場合には、圧縮率及び曲げモーメントの1/4をその接触面によって伝達するメタルタッチ継手を用いることができる。