一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H13 計画・環境 問題1-25・解答

【設問1 】建築環境工学において用いられる用語に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.熱損失係数とは、室温に比べて、外気温が1℃だけ低いと仮定した場合に、「建築物内部から外部へ逃げる単位時間当たりの総熱量」を「建築物の延べ面積」で除した値のことである。
2.夜間放射(実効放射)とは、地表における、下向きの大気放射と上向きの地表面放射との差のことである。
3.露点温度とは、絶対湿度を一定に保ちながら空気を冷却した場合に、相対湿度が100%となる温度のことである。
4.空気齢とは、室内の部位における空気の新鮮度を示すものであり、一般に、空気齢が高いほど、その部位の空気の新鮮度は低い。
5.新有効温度ET*とは、人体の熱負荷に基づき、熱的中立に近い状態の人体の温冷感を表示する指標のことである。

■正解    5
(補足)人体の熱負荷に基づき、熱的中立に近い状態の人体の温冷感を表示する指標とは、PMVのことである。熱的中立状態とは、熱くもなく、寒くもない状態のことをいい、平衡状態ともいう.

【設問2 】換気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.住宅における全般換気とは、局所換気と対をなす用語であり、居間、食事室、寝室、子供室等の一般居室を中心に、住宅全体を対象とした換気のことである。
2.換気量が同じであれば、室の形状、換気方式が異なる場合においても、室内汚染物質の濃度の低減量は等しくなる。
3.交通量の多い幹線道路に面した建築物等においては、外気が必ずしも清浄ではない場合があるので、外気取入口の位置に配慮するほか、取入れ空気の除塵等を行なう必要がある。
4.第三種機械換気方式は、厨房、便所、浴室のように、一般に、室内で臭気や水蒸気等が発生し、これを他室へ流出させない注意が必要な空間に用いられる。
5.室内の空気の汚染原因としては、塵あい、体臭、タバコの煙、建材や家具からの揮発性有機化合物(VOC)、ホルムアルドヒド等がある。

■正解    2

【設問3 】電熱・断熱に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.建築材料の熱伝導率は、一般に、かさ比重(みかけの密度)が減少するほど小さくなる傾向がある。
2.壁体内の密閉空気層の熱抵抗は、その厚さが10㎝程度までは増加し、それ以上になると少しずつ減少する。
3.冬季における外壁の内部で生ずる結露を防止するために、壁体内に防湿層を入れる場合は、断熱材の室内側に配置する。
4.単一の材料からなる壁を単位時間に貫流する熱量は、壁体の両側の空気の温度差及び表面積に比例し、必ずしもその厚さには逆比例しない。
5.伝熱計算を行なう際に用いる壁体の総合熱伝達率は、対流熱伝達率と放射熱伝達率を合計したものである。

■正解    2
(補足)空気層の熱抵抗は、一般に厚さ20mm(2cm)程度までは比例して増大し、これを超えるとほとんど変化せず、むしろやや低下する。 

【設問4】【設問5】問題データなし

【設問6 】音響に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.音圧レベルを一定にした状態において、周波数を変化させたとき、音の大きさ(ラウドネス)は変化する。
2.単層壁による遮音において、同一の材料で厚さを増していくと、コインシデンス効果による遮音性能の低下の影響は、より低い周波数域へ拡大する。
3.子供の飛び跳ねによって生じる床衝撃音について測定する場合、主に、タイヤの落下を模擬的な加振源として使用する。
4.大規模な音楽ホールの室内音響計画においては、エコー等の音響障害を避けるために、客席後部の壁や天井は、反射率の高い、大きな平面で構成されることが多い。
5.最適残響時間として推奨される値は、一般に、室容積の増大に伴って大きくなる。

■正解     4

【設問7 】建築物の防災に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.多数の人が廊下を同一方向に、同時に避難するときの群集歩行速度は、約1.0m/sである。
2.階避難安全検証法は、火災が発生した場合に、建築物の階からの避難が安全に行なわれることを検証する方法である。
3.縦長の窓に比べて横長の窓のほうが、噴出する火炎が外壁から離れやすく、上階への延焼の危険性が低い。
4.廊下から避難階段への出入口の幅は、その階の避難人口も考慮してきめる。
5.火災時等において、避難上支障がないようにするため、用途や区画等の状況に応じた排煙設備の設置、直通階段に至る歩行距離、避難階段の構造等に関する規定が定められている。

■正解    3
(補足)縦長窓→火災が噴出する力が強くなり外壁から離れやすい。横長窓→火災が外壁に沿って上昇するので延焼の危険が高い。

【設問8 】採光、照明及び色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.照明に用いる光源においては、色温度が低いほど温かみのある光源となる。
2.マンセル表色系において、理想的な白は、マンセルバリューを10とする。
3.採光計画において、高い均斉度が要求される室には、高窓や天窓が有効である。
4.受照点に対する光源面の立体角投射率は、その光源が曲面の場合には適用できない。
5.昼光率の計算においては、室内の人工光源による照度は含まれない。

■正解    4
(補足)立体角投射率は、光源が曲面である場合の昼光率計算などにも適用できる。

【設問9】問題データなし

【設問10 】我が国の集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.住戸における「L(居間)+D(食事室)+K(台所)型」の平面計画は、各室をそれぞれの用途に応じて充実させることができるが、不十分な規模で形式的に分離させることは、かえって生活を窮屈にすることもある。
2.高齢化社会に向けて良質な住宅の供給とストックのため、多様なライフスタイル、地域への定住志向、三世代居住等、変化するライフ、サイクルに対応する住まいづくりが求められている。
3.阪神淡路大震災後のケア付き仮設住宅の経験から、自由で自立した個人の生活を前提に、日常生活の一部や生活空間の一部を共同化、共用化する「高齢者の共同居住」が公営住宅において、実践されている。
4.リビングアクセス型は、各戸の表情を積極的に表に出すことを意図して、個室を共用廊下側に設けた住戸タイプである。
5.初期の集合住宅団地においては、一般に、冬至の日の日照時間から隣棟間隔が求められ、各戸に平等に日照が確保されるように、南面する住棟が並行に配置されている。

■正解    4
(補足)リビングアクセス型は、「個室」ではなく、「居間や食事室」を共用廊下側に設けたタイプ。

【設問11 】公共建築の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 
1.劇場において、客席を左右対称に配置する場合、その中心線上には縦通路を設けないほうがよい。
2.総合病院の中央材料室は、手術室との関係を重視して配置する。
3.市庁舎において、建築物全体に占める窓口事務部門の床面積の比率は、一般に、10%程度である。
4.幼稚園において、3歳児学級の1人当たりの保育室の床面積は、4歳児又は5歳児の場合に比べて、一般に、大きくする。
5.地域図書館の延べ面積と蔵書数との関係は、一般に、100冊/㎡程度である。

■正解     5
(補足)地域図書館の延べ面積と蔵書数との関係は、一般に、50冊/㎡程度となる。

【設問12】事務所ビルの計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.60階建の事務所ビルのエレベーターの計画においてゾーニングを行なう場合、各ゾーンのサービスフロア数は、一般に、20階程度とする。
2.基準階の床面積1000~3000m2程度の貸事務所ビルにおける基準階のレンタブル比は、一般に、70~85%程度である。
3.自社専用の事務所ビルにおいては、複数のテナントが入る同規模の貸事務所ビルに比べて、一般に、エレベーターの台数を多くする。
4.オフィスレイアウトにおけるオフィスランドスケープとは、固定間仕切りを使わず、家具やローパーティションを使って適度なプライバシーを保ちつつ、変化のある執務空間を形成するものである。
5.事務所ビル内にコンピューター専用ルームを設ける場合は、床をフリーアクセスフロアとし、専用の空気調和設備を設けることが望ましい。

■正解    1
(補足)60階建ての事務所ビルのエレベーターの計画においてゾーニングを行う場合、各ゾーンのフロア数は10階前後、最大でも15階以下とし、乗り継ぎ階を設けて異なるゾーンを連絡するように計画する。

【設問13 】建築物の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.駐車場においては、車からの視認距離が30~50m程度であることを考慮して、駐車スペースの計画を行なう必要がある。
2.精密機械工場においては、室内空気の浮遊粉塵の量を基準値以下とするため、バイオクリーンルームの設置が必要である。
3.ショッピングセンターにおいて、モールやコート等の客用のスペースは、一般に、延べ面積の10%程度である。
4.銀行の店舗において、客用ロビーと営業室との床面積の比は、一般に、1:0.8~1.5である。
5.大規模なシティホテルにおいて、基準階における客室部分の床面積の比率は、一般に、65~75%程度である。

■正解   2
(補足)
・バイオロジカルクリーンルーム
⇨①無菌室②空気中の生物微粒子数を一定値以下に抑えたもの③医薬品工場・食品工場などで採用
・工業用クリーンルーム
⇨①無塵室②空気中の浮遊粉じん数を一定値以下に抑えたもの③半導体工場や光学機器などの精密機械工場などで採用

【設問14 】建築物の各部計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.岩綿吸音板を用いる天井の場合、システム天井工法と捨て張り工法とを比較すると、遮音性能については、システム天上工法の方が優れている。
2.鉄筋コンクリート造の建築物において、外断熱を採用することにより、室温の安定性が高められる。
3.カーテンウォールのオープンジョイントとは、雨仕切、等圧用開口及び気密線を組み合わせることにより雨水の侵入を防止する方式のことである。
4.暑さ対策の一つとして、建築物に二重屋根を設け、その間の空気層を十分に換気すると効果的である。
5.滑り出し窓は、換気及び通風に有効であり、風によるあおりの影響を受けにくい窓開閉方式である。

■正解    1

 
【設問15 】建築物等の各部の寸法に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.   屋根葺材に金属板を用いた落雪屋根の勾配を、4/10とした。
2.成人用バスケットボールのコートを2面配置する体育館の床面の内法寸法を、30×35mとした。
3.車いす使用者と健常者とが一緒に食事できるように、食事用テーブルの高さを、70㎝とした。
4.一般病棟における4床病室の大きさを、間口6.3m、奥行5.7mとした。
5.小学校の低学年用の下足箱の最上段の高さを、95㎝とした。
 
■正解    2
(補足)【体育館の寸法】ポイント

・平面寸法 41m×3440m角ぐらいと覚えておけば良い)

 バスケットボールコート2面

・高さ寸法 12.5m以上

 バレーボールコートが基準
 
【設問16 】身体障害者等の利用に配慮した計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.車いす使用者は、360°回転に170×170㎝以上の平面空間を必要とし、2㎝以上の段差を越えることは難しい。
2.公共施設の出入口においては、視覚障害者の利用を考慮して、音声誘導装置を扉の直上に設置することが望ましい。
3.聾学校の教室においては、教師と生徒とが相互に表情、口や手の動きを見て、コミュニケーションしやすいように馬蹄形の机配置がよい。
4.車いす使用者が利用する洗面・化粧室において、鏡の下端の高さが床面から100㎝の場合には、傾斜鏡ではなく垂直鏡を使用することが望ましい。
5.エレベーターの乗降用ロビーにおいては、視覚障害者の利用を考慮して、操作ボタンの前の床面に点状ブロック等の視覚障害者用誘導床材を敷設することが望ましい。
 
■正解    4
(補足)車椅子使用者が利用する洗面・化粧室において鏡の下端を床から100cmとした場合、座ったまま利用する車いす使用者には高すぎるため、傾斜鏡を使用することが望ましい。 
 
 
【設問17 】建築計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。   
1.集合住宅における「順応型」プランとは、住戸規模の変化へ対応するため、構法システムの工夫によって住戸の戸境壁を変更できるようにしたものである。
2.地域図書館の児童室は、さまざまな年齢の子供が利用するので、年齢層に対応してスペースを分けるとともに、それぞれのスペースにおいては、書架の近くに閲覧机を配置することが望ましい。
3.美術館の計画においては、鑑賞時の疲労を考慮して、来館者の動線上に休憩コーナーを設けることが望ましい。
4.博物館における燻蒸室は、収蔵品に付着した害虫等を殺し、除去するための部屋であり、荷解室、収蔵庫等の近くに設けられることが多い。
5.総合病院の外来診療部の計画において、患者の出入りの多い内科は外来入口の近くに配置し、小児科は可能な限り他科と分離して扱うことが望ましい。
 
■正解     1
(補足)戸境壁とは、マンション、アパートなどの共同住宅で、隣の住戸との間の壁のことである。
2. については、中高学年児童のための閲覧机を配置する事が望ましい。
 
【設問18 】建築設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.UPS(無停電電源装置)は、瞬時の停電等の電源異常に対して、重要度の高いOA機器等のシステムを保護する。
2.PBX(構内電話交換機)は、主に、局線や内線の多い大規模なオフィスにおける通話を、効率的、かつ、経済的に処理する。
3.湿り空気線図(又は空気線図)は、温度、湿度、比エンタルピー等の空気の状態を表したもので、空調の負荷計算や空気の状態変化の解析に用いられる。
4.DDC(direct digital control)は、自動制御方式の一つであり、調節部にマイクロプロセッサーが使用され、中央監視システムとのコミュニケーション機能がある。
5.オイル阻集器は、厨房からの排水の油脂分を冷却及び凝固により除去して、排水系統の詰まりを防止する。
 
■正解     5
(補足)
・グリース阻集器→厨房
・オイル阻集器→ガソリンスタンド
 
【設問19 】空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 
1.エアフローウィンドウ方式は、ペリメータレス空調の一つであり、窓まわりにおける外部からの熱を処理するために窓と設備とを一体化した空調システムである。
2.高層ビルの冷温水配管系統において、最下階に蓄熱層を設けた開放回路方式は、蓄熱層を設けていない密閉回路方式に比べて、ポンプ動力については、節減になる。
3.床吹出し空調方式は、主に、OA機器等の配線ルートである二重床を利用して給気するものであり、OA機器の配置の偏りや変更等に対応しやすい。
4.放射冷暖房方式においては、室内の空気の湿度を低く維持しないと、冷房時に冷却綿に結露を起こすおそれがある。
5.ごみ焼却廃熱、下水廃熱、河川水等の未利用エネルギーは、地域冷暖房の熱源としての活用が可能である。
 
■正解    2
(補足)最下階に蓄熱層を設けた開放回路方式は、蓄熱層を設けていない密閉回路方式に比べて、ポンプ動力については増加する
 
【設問20 】給排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。  
1.一般の住宅における水の使用量は、年間平均で150~300l/(人・日)程度である。
2.分流式排水とは、敷地内の排水設備においては、汚水と雑排水とを別系統にすることをいい、公共下水道においては、「汚水及び雑排水」と「雨水」とを別系統にすることをいう。
3.受水タンクの容量は、一般に、1日に使用する水量の1/2程度とする。
4.循環式の給湯設備における給湯温度は、レジオネラ属菌の繁殖を防ぐために、給湯の使用ピーク時においても55℃以下にしないほうがよい。
5.シャワーの給水の最低必要圧力は、10kPaである。
 
■正解   5
(補足)給水必要圧力のポイント
・一般水栓  30kPa
・シャワー、大・小便器洗浄弁(フラッシュバルブ) 70kPa

【設問21 】建築物の電気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.3路スイッチは、2箇所において、それぞれ電灯を点滅できるスイッチである。
2.避雷設備において、鉄骨鉄筋コンクリート造の場合には鉄骨をもって、鉄筋コンクリート造の場合には2条以上の主鉄筋をもって、引下げ導線に代えることができる。
3.電圧の種別における「特別高圧」とは、直流、交流ともに750Vを超えるものをいう。
4.自動制御方式におけるフィードバック制御とは、制御量を目標値と比較し、偏差が生じたときには直ちにこれらを一致させるよう、修正動作を行なう制御方式のことである。
5.進相用コンデンサは、負荷設備の力率を改善するために用いられる。
 
■正解   3
(補足)「特別高圧」とは直流、交流ともに7000Vを超えるものをいう。 
 
【設問22】問題データなし
 
【設問23 】建築設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 
1.コージェネレーション方式の発電用の原動機としては、一般に、ガスエンジン、ディーゼルエンジン又はガスタービンが使用される。
2.自動火災報知設備の受信機におけるP型は、警戒区域の数に対応した幹線の配線本数が必要であり、一般に、小規模な防火対象物に使用される。
3.電動ヒートポンプにおける水熱源方式は、空気熱源方式に比べて、一般に、成績係数が低いので、冬期の能力低下を考慮して機器を選定する。
4.ユニット型エアフィルターにおけるHEPA等の高性能フィルターは、半導体工場、病院、製薬工場、原子力施設等の空気清浄器に使用される。
5.排水再利用設備は、下水道負荷の軽減、節水等を目的としており、その利用規模により、個別循環、地区循環及び広域循環の三つの方式がある。
 
■正解    3
(補足)【合格物語さんによる解説】
水熱源ヒートポンプは、主に井水・排水など年間通して温度変化の少ない水を熱源とする。「水」は,比熱が大きく、熱の伝導も良いため、高い成績係数(COP)が期待できるが、熱源となる水の確保が問題となる。
空気熱源ヒートポンプは、場所に制限なく使用することができるが、冬期暖房時には、気温が低下するにつれて、霜の付着などにより伝熱効果が低下し成績係数(COP)が低くなる。ゆえに
、空気熱源方式は、水熱源方式(=WHP方式)に比べて、冬期の能力低下を考慮して機器を選定しなければならない。
 
【設問24】問題データなし
 
【設問25 】日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.日光東照宮社殿(栃木県)は、本殿と拝殿との間を石の間でつなぐ権現造りの例である。
2.西本願寺飛雲閣(京都府)は、外観、内部ともに住宅風に造られており、軽快で奇抜な意匠が施されている。
3.姫路城(兵庫県)は、小丘を巧みに利用して構築された平山城で、優美な外観が特徴である。
4.厳島神社社殿(広島県)は、宮島の海浜に設けられたもので、自然美と人工美が巧みに調和している。
5.出雲大社本殿(島根県)は、正面の片方の柱間を入口とした非対称の形式をもつ中門造りの神社建築の例である。
 
■正解   5
中門造りとは、主棟から棟をかえて突出するL字型の茅葺民家。