一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H11 施工 問題1-25・解答

【設問1 】施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 工種別施工計画書は、総合施工計画書に基づいて、工種別の施工計画を定めたものであり、施工要領書を含む。
2. 総合仮設計画図には、工事期間中における工事敷地内の仮設資材や工事用機械の配置を示し、道路や近隣との取合いについても表示する。
3. 躯体工事の工期の設定に当たっては、風雨による影響及び労働力の季節変動を見込む。
4. 揚重運搬機械の選定に当たって、基本的に考慮すべき事項は、建築物の概要(形状、高さ、構造等)、工期、立地条件、揚重資材の種類、経済性等である。
5. ネットワークによる工程表において、トータルフロートが最大のパスをクリティカルパスといい、これを重点管理することが工程管理上、最も重要である。

■正解     5

【設問2 】工事現場の管理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 設計図書に定められている施工時間を変更する必要が生じたため、あらかじめ監理者の承諾を受けた。
2. 鋼管規格に適合する鋼管を用いた単管足場において、建地間の積載荷重は400kgを限度とした。
3. パワーショベルによる荷の吊り上げ作業は、原則として、禁止した。
4. 杭打ち機の巻上げ用ワイヤーロープには、安全係数が5のものを使用させた。
5. 施工の検査は、品質管理計画書等に基づいて施工者が自主的に実施し、また、設計図書に記載のある検査及び監理者の指示がある検査については、監理者の立会を受けた。

■正解    4
(補足)「ワイヤロープ」の安全係数について
・吊り足場の吊りワイヤロープは「人」を吊るので、安全を見て安全係数は10。
・クレーン等の玉掛け用ワイヤロープと、杭打ち機等の巻上げ用ワイヤロープは、「物」を吊るので、安全係数は低めの6。

【設問3 】塗料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. コンクリート面に使用する2液形エポキシ樹脂エナメルの主剤、硬化剤及びシンナーは、同一塗料製造所の製品を使用した。
2. 多彩模様塗料塗りの上塗り塗料を、シンナーで薄めて使用した。
3. 塗料置場は、独立した平家建とし、屋根は、軽量な不燃材料で葺いた。
4. 塗料をふき取った布等で、自然発火を起こすおそれのあるものは、作業終了後、分別して処理した。
5. 合成樹脂エマルションペイント1種を、コンクリート外壁の塗装材料として使用した。

■正解    2
シンナーで薄めて使用⇨希釈禁止

【設問4 】建築工事に関連する届等とその提出先との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。
1. 道路占用許可申請書………道路管理者
2. クレーン設置届………労働基準監督署
3. 総括安全衛生管理者選任報告書……労働基準監督署
4. 騒音規制法に基づく特定建設作業実施届出書………警察署長
5. 建築基準法に基づく安全上の措置等に関する計画届…特定行政庁

■正解    4

【設問5 】地盤調査に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 砂質土であるか粘性土であるかの判断は、粒度試験により行った。
2. 平板載荷試験の載荷板は、直径30cmの円形のものを使用した。
3. 砂質土のせん断強さの調査は、圧密試験により行った。
4. 根切り工事が予定されているため、地下水位及び透水係数の調査を行った。
5. 粘性土の調査は、コーン貫入抵抗からせん断強さを推定できるオランダ式二重管コーン貫入試験により行った。

■正解   3

【設問6 】仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 木造の建築物で高さが13m又は軒の高さが9mを超えるものについて、建築工事等を行う場合は、原則として、所定の仮囲いを設ける。
2. 高さが31mを超える建築物の建設、改造、解体又は破壊の仕事については、「建設工事計画届」を労働基準監督署長に提出する。
3. 高さが20mの枠組足場の壁つなぎ又は控えは、垂直方向、水平方向とも9m以下の間隔に設ける。
4. 移動式クレーンによる荷の吊り上げ作業において、10分間の平均風速が10m/s以上となる場合、作業を中止する。
5. 登りさん橋は、勾配を30度以下とし、高さ8m以上の場合には7m以内ごとに踊場を設ける。

■正解     3

【設問7 】土工事及び山留め工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 山留め壁材の鋼矢板の撤去に当たって、すべての鋼矢板を引抜いた後、まとめて埋め戻した。
2. 山留め支保工の支柱は、十分な安全性を確保したうえで、乗入れ構台の支柱と兼用した。
3. 砂質地盤の地下水の排水工法として、ウェルポイント工法を採用した。
4. 山留めに使用するH形鋼の許容応力度は、長期許容応力度と短期許容応力度との平均値以下とした。
5. 建設発生土の利用に当たって、あらかじめ、建設発生土の発生又は利用に係る必要な情報の収集や提供を行った。

■正解     1
×   すべての鋼矢板を引抜いた後、まとめて埋め戻した
○   引き抜き後、直ちに抜き後を砂で充てんする。

【設問8 】地業及び基礎工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. アースドリル工法による場所打ちコンクリート杭工事において発生した廃ベントナイト泥水は、産業廃棄物の汚泥として処理した。
2. 場所打ちコンクリート杭に使用するコンクリートを泥水中で打ち込む場合、単位セメント量を340kg/平方メートルとした。
3. 場所打ちコンクリート杭に使用する鉄筋の帯筋の継手は、重ね継手とし、主筋に堅固に結束した。
4. 既製コンクリート杭のセメントミルク工法に使用するアースオーガーヘッドは、杭径より100mm程度大きいものを使用した。
5. 建設地が緩い砂質地盤のため、地盤改良工法としてバイブロフローテーション工法を採用した。

■正解    3
×  重ね継手とし、主筋に堅固に結束した。
○  片面10d(両面5d)のフレア溶接とする。

【設問9 】鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 同径の鉄筋をガス圧接で接合する場合、圧接部における鉄筋中心軸の偏心量は、鉄筋径の1/5以下とした。
2. コンクリートの設計基準強度が24N/平方ミリメートル{240kgf/平方センチメートル}の場合、SD345の鉄筋の重ね継手をフックなしとし、長さは呼び名に用いた数値の30倍とした。
3. スラブの配筋は、中央から所定の間隔で割り付け、端部はその間隔の1/2以下とした。
4. 大ばりの主筋を柱内に定着する場合、その主筋は、柱の中心軸を越えてから縦に降ろした。
5. はり貫通孔の径がはりせいの1/10以下、かつ、150mm未満のものは、補強筋を省略した。

■正解   2
(補足)特記がない場合、コンクリートの設計基準強度が24N/mm2、SD345の鉄筋の重ね継手をフックなしの場合は40dとする。

【設問10 】型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 大ばりの支柱の盛りかえは、行ってはならない。
2. 支柱としてパイプサポートを用いる場合、パイプサポートを3本継いで使用してはならない。
3. 型枠の構造計算において、地震による荷重は通常考慮する必要はないが、風圧による荷重は、地域、季節等によっては考慮する必要がある。
4. 床型枠用鋼製デッキプレート(フラットデッキ)は、所要の品質、性能を確認して、鉄筋コンクリート造のスラブのせき板として使用することができる。
5. せき板の存置日数は、施工部位等の条件が同一であれば、普通ポルトランドセメントを使用する場合に比べて、高炉セメントB種を使用する場合のほうが短くすることができる。

■正解     5

【設問11 】コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. コンクリートの打ち込み数量が180立方メートルであったので、構造体コンクリート強度の検査として、圧縮強度試験を1回行った。
2. 「計画供用期間の級」が標準で、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートの打込みを行ったので、湿潤養生を5日間行った。
3. 「計画供用期間の級」が標準で、設計基準強度が24N/平方ミリメートル{240kgf/平方センチメートル}の場合、コンクリートの品質基準強度を27N/平方ミリメートル{240kgf/平方センチメートル}とした。
4. 暑中コンクリートの荷卸し時のコンクリート温度は、35℃以下とした。
5. 高強度コンクリートの施工において、練混ぜから打込み終了までの時間を、外気温にかかわらず120分を限度として管理した。

■正解    1
(補足)150㎥または端数ごとに一回のため、180㎥の場合、圧縮強度試験は2回行う。

【設問12 】鉄筋コンクリート造の建築物の耐震改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設工事において、新設耐震壁のコンクリートの打込み後、直ちにグラウティングを行った。
2. 現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設工事において、新設耐震壁と既存部との取合い部分には、割裂補強筋を設けた。
3. 現場打ち鉄筋コンクリート壁の増設工事において、新設耐震壁のコンクリートの打込みには、圧入工法を採用し、その打込み高さが大きいため圧入孔管を2段に配置した。
4. 溶接金網巻き工法による柱の補強工事において、コンクリートの打込みには、流込み工法を採用し、打込み高さ1mごとに締固めを行った。
5. 連続繊維シート巻き工法による柱の補強工事において、柱の隅角部は、面取りを行った。

■正解    1
(補足)コンクリートの打込み後、レイタンスを取り除き、強度が十分発現してから、グラウティングを行う。

【設問13 】鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 床書き現寸は、特記の指示がなかったので、工作図をもって省略した。
2. 高張力鋼のけがきに当たって、ポンチ、たがね等は、原則として、使用しないこととした。
3. 組立溶接においては、溶接部に割れが生じないように、必要で十分な長さと4mm以上の脚長をもつビードを適切な間隔で配置した。
4. 塑性変形能力を要求される柱及びはり等の部材の常温曲げ加工による内側曲げ半径は、材料の板厚の2倍とした。
5. スタッド溶接については、特記の指示がなかったので、アークスタッド溶接の直接溶接とし、下向姿勢で作業させた
■正解     4
(補足)塑性変形能力を要求される部材の常温曲げ加工による内側曲げ半径は、板厚の4倍以上とする。 

【 設問14 】鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 板厚が15mmの鋼材は、せん断切断加工とし、その切断面に生じたばりをグラインダーにより修正した。
2. トルシア形高力ボルトの締付け後の検査において、ボルトの余長は、ナット面から突き出たねじ山が、1~6山の範囲にあるものを合格とした。
3. 鉄骨の錆止め塗装作業において、塗装場所の気温が5℃以下になったため、その作業を中止した。
4. 建方作業において、高力ボルト継手における仮ボルトの本数は、ボルト一群に対して1/3程度、かつ、2本以上とした。
5. 板厚が6mmを超える鉄骨の組立てにおいて、半自動溶接を行う箇所の組立て溶接の最小ビード長さを40mmとした。

■正解    1
(補足)せん断切断をすることができる板厚は13mm以下であり、それ以上の板厚のものはガス切断・プラズマ切断などにより行う。 

【設問15 】防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. アスファルト防水工事において、アスファルトの溶融温度は、アスファルトの軟化点に170℃を加えた温度を上限とする。
2. アスファルト防水層の保護コンクリートには、縦横方向とも4m程度ごとに伸縮調整目地を設ける。
3. 地下外壁の防水に改質アスファルトシート防水(トーチ工法)を採用する場合、改質アスファルトシートの重ね幅は、長手方向・幅方向とも100mm以上とする。
4. シーリング工事において、目地部をワーキングジョイントとする場合は、3面接着の目地構造としてはならない。
5. 塗膜防水工事において使用する補強布の重ね幅は、50mm以上とする。

■正解    2
4m程度ごとに伸縮調整目地⇨3m程度ごとに

【設問16 】ガラス工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 熱割れとは、太陽の輻射熱を受ける部分と受けない部分との膨張差によって生じる内部応力のためにガラスが破損する現象である。
2. サンドブラスト加工とは、ガラス面に機械的に砂を吹き付けて細かいきずを付け、光を散乱させ、透視像をぼかす目的の加工である。
3. かかり代は、地震時における建築物の躯体の面内変形によって窓枠が変形した場合に、板ガラスと窓枠との接触防止のために必要な部分である。
4. 強化ガラスは、板ガラスを熱処理してガラス表面に強い圧縮応力層をつくり、破壊強さを増加させ、かつ、破損したときに細片となるようにしたものである。
5. 構造ガスケットは、クロロプレンゴム等の押出し形成によってつくられ、水密機能とガラスの保持機能を有するガスケットである。

■正解   3
(補足)地震時における建築物の躯体の面内変形によって窓枠が変形した場合に、板ガラスと窓枠との接触を防止するために必要な寸法である。←エッジクリアランス
かかり代とは、主に風圧力によるガラスの窓枠からの外れ防止や切断面の反射防止のためのもの。

【設問17 】内装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. シージング石こうボードを、屋内の多湿箇所に用いた。
2. 突付けに張れない薄手の壁紙を重ね張りする場合、重ね幅は10mmとして、陰影の生じない方向に重ね張りした。
3. ロックウール化粧板の穴あけ加工は、化粧面から行った。
4. 軽量鉄骨天井下地の吊りボルトは、周辺部の端から150mm以内に配置し、間隔は、縦横方向とも900mmとした。
5. 合成高分子系床タイルの施工に当たっては、接着剤を下地面に塗布した後、オープンタイムを取らずに床タイルを張り付けた。

■正解    5

【設問18 】外装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 外装タイル張りにおける張付けモルタルに、保水剤としてメチルセルロースを混入した。
2. アルミニウムは鉄よりも腐食しにくいため、アルミサッシの周囲に充填するモルタルには、海砂を用いた。
3. コーナー部や開口部まわりの役物タイルは、その他の平部分のタイル張りに先立ち、基準を設けるために施工した。
4. 張り石工事において、乾式工法に用いるファスナーは、ステンレス製とした。
5. コンクリート下地セメントモルタル塗りにおいて、モルタルの調合は、下塗りと上塗りでは、下塗りのモルタルのほうを富調合とした。

■正解    2
(補足)海砂は腐食しやすい

【設問19 】設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 非常用エレベーターの乗降ロビーに設ける連結送水管の放水口への配管を、エレベーターシャフト内に設けた。
2. 高さが15mの共同住宅には、避雷設備を設けなかった。
3. ガス系消火設備の配管の現場試験は、水圧試験とし、保持時間は60分とした。
4. 天井付近に吸気口のある居室において、自動火災報知設備の光電式スポット型煙感知器の取付け位置は、その吸気口の付近とした。
5. 汚水ます及び雑排水ますには、インバートますを用い、ふたにはマンホールふたを用いた。

■正解     1

【設問20 】壁式プレキャスト鉄筋コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 部材の組立て作業に当たって、とび工の職長を作業指揮者(チームリーダー)に任命した。
2. 片持床板の部材で、その部材の支持方向と平行に0.3mm以上のひび割れが部材全体に入っていたものは、廃棄処分とした。
3. 壁と壁との鉛直接合部は、部材の接合用鉄筋相互を溶接した後、コンクリートを充填するウェットジョイント方式とした。
4. 部材を平置きする場合は、部材の大きさにかかわらず、まくら木の設置を2か所とした。
5. 外壁目地の防水にシーリング材を用いる場合、シーリング材の充填深さは、5mmとした。

■正解     5
(類似問題)外壁の部材の接合部は、ポリウレタン系のシーリング材を使用する場合、シーリング材の目地幅を25mm、充填深さを15mmとする。⇨ ○

【設問21 】建築工事に関する用語の説明として、最も不適当なものは、次のうちどれか。
1. 定木ずり…………平たんな塗り面をつくるために定木ですりならしたり、あらかじめ塗っておいた定木のあたり(定木塗り)に沿ってなでつけ、不陸のない塗り面を形成させる作業
2. コーナービード………壁・柱等の出隅部を保護するための棒状の角金物
3. 荷受け構台…………資材や廃棄物等を搬入や搬出するために設ける仮設構台
4. 改良圧着張り工法………張付けモルタルを下地面に塗り、モルタルが軟らかいうちにタイル張り用振動工具 を用いてタイルに振動を与え、埋め込むように張り付ける工法
5. エフロレッセンス………石材やコンクリート等の表面に浸出して結晶化した白い物

■正解    4
(補足)張付モルタルを下地面に塗り、モルタルが軟らかいうちにタイル張り用振動工具を用いてタイルに振動を与え、埋め込むように張り付ける工法密着張り工法

【設問22 】各種工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 外壁の陶磁器質タイル張り工事において、タイルの表面の面積が60平方センチメートルのものを使用する場合、裏あしの形状はあり状とし、裏あしの高さは1.5mm以上のものとした。
2. 高さが30mの建築物において、外壁の張り石工事は、乾式工法とした。
3. コンクリート下地セメントモルタル塗りにおいて、モルタルの1回の練混ぜ量は、150分で使い切る量とした。
4. ALCパネル工事において、充填用モルタルの調合は、容積比でセメント1に対し砂3の割合とした。
5. 補強コンクリートブロック造の工事において、臥梁及び壁ばりの出隅部分の鉄筋については、末端部にフックを付けた。

■正解     3
(類似問題)モルタル塗りにおいて、1回に練り混ぜるモルタルの量については、60分以内に使い切れる量とした。

【設問23 】建築積算に関する次の記述のうち、建築積算研究会「建築数量積算基準」に照らして、最も不適当なものはどれか。
1. 根切の数量は、基礎根切に囲まれて残存することになる部分の残存長さが1m以下の部分については、残存しないものとして計測・計算する。
2. 型枠の数量は、コンクリートの上面が傾斜している場合、その勾配が3/10を超えるものについては、その部分の上面型枠又はコンクリートの上面の処理を計測の対象とし、計算する。
3. 窓・出入口等の開口部による鉄筋の欠除は、建具類等の開口部の内法寸法によるものとし、1か所当たりの開口部の内法面積が0.5平方メートル以下の場合は、鉄筋の欠除はないものとみなす。
4. 窓・出入口等の開口部によるコンクリートの欠除は、建具類等の開口部の内法寸法とコンクリートの厚さとによる体積とし、1か所当たりの開口部の体積が0.5立方メートル以下の場合は、コンクリートの欠除はないものとみなす。
5. 鉄骨材料のうち鋼板(切板)の所要数量は、設計数量に3%の割増をすることを標準とする。

■正解   4
ポイント【欠除がないものとする基準】
・原則として、開口部等が0.5㎡以下の場合に、その欠除がないものとする。
・例外として、鉄骨と石材の2つだけは、開口部等が0.1㎡以下の場合に、その欠除がないものとする。鉄骨と石材が高価だから。

【設問24 】請負契約に関する次の記述のうち、民間(旧四会)連合協定「工事請負契約約款」に照らして、最も不適当なものはどれか。
1. 現場代理人は、請負代金額の変更に関して、請負者としての権限の行使はできない。
2. 工事の追加・変更に伴い、請負代金額を増額するときは、原則として、監理者の承認を受けた内訳書の単価による。
3. 発注者の責に帰すべき理由により、工事の中止期間が工期の1/4以上又は2ヶ月以上になったときは、請負者は、発注者に対して書面をもって契約を解除することができる。
4. 契約書及び設計図書に部分使用についての定めがない場合、発注者は、請負者の書面による同意がなければ、部分使用をすることはできない。
5. 工事請負契約書に添付される設計図書には、現場説明書及び質問回答書も含まれる。

■正解    2

【設問25 】次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. ISO 9001(JIS Z 9901)の規格は、外部品質保証に用いることができる品質システム要求事項を扱う規格の一つであり、設計、開発、製造、据付け及び付帯サービスにおいて規定要求事項に適合していることを供給者が保証する必要のある場合に用いる。
2. 建設省が1997年に策定した「建設リサイクル推進計画'97」においては、当面2000年(平成12年度)までに達成すべきコンクリート塊のリサイクル率の目標を、90%としている。
3. 外壁仕上げのはく落防止の観点からみて、コンクリート下地セメントモルタル塗りの1回の塗り厚さは、できるだけ厚くしたほうがよい。
4. 文化財保護法に基づく登録有形文化財である建築物を、外観は変えることなく内装のみを模様替えする場合は、同法に基づく「現状変更の届出」は不要である。
5. コンクリートの中性化の調査では、コンクリートがフェノールフタレインアルコール溶液によって、赤色に変化しない部分を中性化範囲と判定している。

■正解    3
(補足)1回の塗り厚は、6mmが標準であり、全塗り厚は25mm以下とする。 仕上げ厚を小さくすると、はく落防止に効果的である