一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H9 施工 問題1-25・解答

【設問1 】施工計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 施工計画を立てるに当たっては、設計図を重視した。
2. 工程計画において、仕上工事については、く体工事より工程の余裕を少なく計画した。
3. 鉄骨の建方を建逃げ方式で行う計画において、建方機械はクローラークレーンとした。
4. 工種別施工計画書には、工期、使用材料、施工方法、品質管理、安全管理、養生方法等について記載した。
5. 各種工事が複雑に関連している部分の工程管理に、工程調整に適しているネットワークによる工程表を用いた。

■正解    2

【設問2 】建築工事に関連する届等とその提出先との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。
1. 建築物除却届………都道府県知事
2. ゴンドラ設置届………労働基準監督署
3. 工事監理報告書……………建築主事
4. 道路使用許可申請書……………警察署長
5. 安全上の措置等に関する計画届……特定行政庁

■正解     3

【設問3 】元請負人の現場管理等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 高さが5mの鉄筋コンクリート造建築物の解体作業に当たり、その工事の施工者に作業主任者を選任させた。 
2. 下請負人が選任した安全衛生責任者に、統括安全衛生責任者と作業員との連絡調整を行わせた。
3. 建築工事とこれに関連する別途発注された設備工事との総合調整は、建築工事の監理者が行うことにした。
4. 現場代理人が現場に常駐し、主任技術者を兼務した。
5. 監理者が配置されている工事現場において、工事に関する通告、協議については、元請負人が発注者と直接行った。

■正解    5

【設問4 】材料管理に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 請負者は、監理者の承諾を受けて、搬入した工事材料を工事現場外に搬出することができる。
2. 設計図書に品質が明示されていない工事材料は、監理者が指定した品質のものを使用する。
3. レディーミクストコンクリートの受入れ検査におけるスランプ及び空気量の試験は、荷卸し地点で行う。
4. 「構造体コンクリートの強度推定のための圧縮強度試験」の1回の試験に用いる供試体は、適当な間隔をあけた任意の運搬車から各1個ずつ、合計3個採取する。
5. JIS規格品である異形鉄筋は、圧延マーク又は色別塗色のいずれかにより種類を確認する。

■正解     2

【設問5 】地盤調査に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 支持杭を採用するために、想定される杭の先端部に相当する深さまで地盤調査を行った。
2. 直接基礎の床付け面の支持特性を調査する目的で、直径30cmの円形の載荷板を用いて平板載荷試験を行った。
3. 地下水に関する調査において、各地層別に水位と透水係数を測定した。
4. 砂質土のN値を地耐力の算定、液状化の判定等に利用した。
5. 粘性土のせん断強さを、一軸圧縮試験により測定した。

■正解     1

【設問6 】仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. はしご道のはしごの上端は、床から60cm以上突出させた。
2. 高さが10mを超える足場を60日間以上設置するため、組立て開始の30日前までに、労働基準監督署長に届け出た。
3. 型枠支保工の計画において、階高の大きい場所にはパイプサポートを3本継いで用いることにした。
4. 高所作業車を用いて作業を行うので、作業指揮者を定めた。
5. 単管足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向5m、水平方向5.5mとした

■正解    3

【設問7 】土工事又は山留め工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 自立山留め工法は、切りばり等の支保工を用いない工法で、一般に、浅い掘削工事に適用される。
2. 親杭横矢板工法は、止水性は期待できないが、比較的硬い地盤における施工が可能である。
3. ソイルセメント柱列山留め工法は、鋼矢板工法に比べて、振動・騒音が大きい。
4. 逆打ち工法は、深く広い地下部分を有する高層建築物において、全体工期の短縮に効果がある。
5. アースアンカー(地盤アンカー)工法は、アースアンカーによって山留め壁を支えるので、切りばりは不要である。

■正解   3

【設問8 】地業工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 外径500mmの既製コンクリート杭の施工精度について、鉛直精度を1/100以内、杭頭の水平方向のずれを100mm以内とした。
2. 泥水中に打込む場所打ちコンクリート杭のコンクリートの調合において、単位セメント量を350kg/立方メートルとした。
3. 液状化の危険のある地盤の改良工法として、置換工法を採用した。
4. 風速12m/sであったので、風によってアークが飛ばされないような防護措置を講じて、継手部の溶接作業を行った。
5. 場所打ちコンクリート杭の鉄筋のかぶり厚さを、10cmとした。

■正解   3

【設問9 】鉄筋工事における鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. はりの主筋の外側から型枠の内側までの最短距離が、最小かぶり厚さ以上になるようにした。 
2. 打継ぎ目地を設けた壁において、目地底から鉄筋までの最短距離が、最小かぶり厚さ以上になるようにした。
3. 軽量コンクリートを用いた場合の設計かぶり厚さは、普通コンクリートを用いた場合の設計かぶり厚さに比べて、10mmを加えた数値とした。
4. 設計かぶり厚さは、建築基準法に規定されている最小かぶり厚さに、施行誤差を考慮して、10mmを加えた数値とした。
5. 普通コンクリートを用いたコンクリート打放し仕上げの柱において、屋外側の設計かぶり厚さは、50mmとした。

■正解    1

【設問10 】普通コンクリートを使用した型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. コンクリートの硬化不良を防止するために、コンクリート型枠用合板をシートでおおい、直射日光にさらさないようにした。
2. 高さが4mを超える組立て鋼柱を支柱として用いたので、高さ4m以内ごとに、水平つなぎを2方向に設け、かつ、変位を防止する措置を講じた。
3. 型枠の強度及び剛性の計算は、コンクリートの打込み時の振動・衝撃を考慮したコンクリート施工時の鉛直荷重、水平荷重及びコンクリートの側圧について行った。
4. 構造体コンクリートの圧縮強度が5N/平方ミリメートル{50kgf/平方センチメートル}以上あることが確認できたので、壁のせき板を取り外した。
5. はり下の支保工を取外した後の構造上の安全を確保できるコンクリートの圧縮強度を計算で求めたところ、9N/平方ミリメートル{90kgf/平方センチメートル}であったので、構造体コンクリートの圧縮強度がその値以上であることを確認した後、はり下の支保工を取り外した。

■正解   5

【設問11 】鉄筋コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 骨材は、アルカリシリカ反応性試験で無害と判定されたものを使用した。
2. コンクリート中の塩化物量(塩素イオン換算)が0.30kg/立方メートル以下であったので、防錆処理の施してある鉄筋は用いなかった。
3. コンクリートの骨材として用いる高炉スラグ砕石には、事前に散水して吸水させた。
4. 凍害を受けるおそれのあるコンクリートの調合において、空気量は3%以下とした。
5. マスコンクリートの水和熱によるひび割れの発生を低減させるために、高炉セメントB種を使用した。

■正解   4

【設問12 】コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 
1. マスコンクリートの発注に当たって、レディーミクストコンクリートの呼び強度を保証する材齢を56日とした。
2. コンクリートを斜めシュートを用いて打ち込む場合、斜めシュートの勾配を6/10とした。
3. コンクリートをポンプにより圧送するに当たって、コンクリートに先立って圧送した富調合モルタルの品質が変化していない部分については、少量ずつ分散させて型枠内に打ち込んだ。 
4. レディーミクストコンクリートの受入れ検査については、施工者が実施した。
5. 構造体コンクリートの強度管理のための供試体の養生方法は、強度管理の材齢を42日としたので、現場水中養生とした。

■正解   5

【設問13 】鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 建方時に生じた高力ボルト孔のくい違いが2mm以下であったので、リーマー掛けにより修正した。
2. 溶接継手におけるエレクションピースに使用する仮ボルトは、中ボルトを使用し全数締め付けた。
3. 気温が-2℃であったので、接合部から100mmの範囲の母材部分を適切に加熱して溶接を行った。
4. 頭付きスタッドの径が16mmであったので、厚さ1.2mmのデッキプレートを貫通してはりに溶接した。
5. めっき高力ボルトの締付けは、ナット回転法により、一次締め、マーキング及び本締めの3段階によって行った。

■正解    2

【設問14 】鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. エンドタブについては、設計図書に切断する旨の記載がなく、監理者の指示もなかったので、切断しなかった。
2. 組立て溶接の最小ビード長さは、板厚が6mm以下の場合、20mmとした。
3. 開先加工面におけるノッチ深さは、2mm以下とした。
4. 溶接組立箱型断面柱ダイヤフラムのエレクトロスラグ溶接において、各溶接箇所とも溶接の途中で中断しないように行った。
5. 溶接部にオーバーラップがあったので、削り過ぎないように注意しながらグラインダー仕上げを行った

■正解   2

【設問15 】屋根及び防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. アスファルト防水の絶縁工法において、穴あきフーフィングの砂付き面を下向きに張り付けて施工した。
2. シート防水の下地面の入隅は、通りよく45度の面取りとした。
3. 屋根のアスファルト防水層の上に施工するコンクリートには、3m内外ごとに伸縮調整目地を設けた。
4. シーリング工事におけるバックアップ材及びボンドブレーカーは、シーリング材と接着せず、かつ、シーリング材の性能を低下させないものとした。
5. 重ね型折板の緊結ボルトの孔はドリル開孔とし、孔径はボルト径より0.5mm以上大きくならないようにした

■正解    2

【設問16 】ガラス工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. ジッパーガスケットは、塩化ビニル等の押出し成形によってつくられたガラスはめ込み用の副資材で、グレイジングチャンネルとグレイジングビードがある。
2. 倍強度ガラスは、フロート板ガラスを熱処理した加工ガラスで、同厚のフロート板ガラスに比べて、約2倍の耐風圧強度を有しているが、加工後の切断はできない。
3. セッティングブロックは、サッシ下辺のガラスはめ込み溝内に置き、ガラスの自重を支持する副資材である。
4. エッジスペーサーは、衝撃によるガラス小口とサッシとの接触を防止するため、サッシ縦辺のガラスはめ込み溝に取り付けられるゴム状の副資材である。
5. バックアップ材は、シーリング施工の場合、ガラスを固定するとともに、シール打設時のシール受けの役目をする副資材である。

■正解    1

【設問17 】内装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 湿気の影響を受けやすい箇所におけるビニル床シート張りに、エポキシ樹脂系接着剤を用いた。
2. 天井を石こうボードで二重張りとする場合、上張りの継目と下張りの継目が同位置にならないようにした。
3. フローリングブロックの割付けは、割付け墨に合わせ、室の中心から両側に向かって張り進めた。
4. 壁紙張りの左官下地は、木ごて仕上げとし、十分に乾燥させた。
5. 鉄筋コンクリート造における断熱材打込み工法において、コーンの撤去跡に現場吹付け発泡断熱材を充てんした。

■正解    4

【設問18 】外壁の改修工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. コンクリート打放し仕上げの改修において、コンクリート表面のひび割れのうち、幅が1.0mmを超え、かつ、挙動するひび割れ部については、エポキシ樹脂による注入工法とした。
2. モルタル塗り仕上げの浮き部の改修において、アンカーピンを用いて浮き部を構造体コンクリートに固定した。
3. タイル部分張り替え工法において、ポリマーセメントモルタルを使用する場合、張り替え下地面の水湿しを行った。
4. 金属パネルを用いて被覆する改修において、パネルと既存外壁面との間に断熱材を施すことにより、外壁に外断熱性能を付与した。 
5. 塗り仕上げの改修において、劣化の著しい既存塗膜を全面除去するために、超高圧水洗機を用いた。

■正解    1

【設問19 】設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. し尿浄化槽の漏水検査において、満水して24時間以上漏水しなかったので合格とした。 
2. 高さが31mの建築物において、高さ20mを超える部分に対して有効な避雷設備を設置した。
3. 屋内の横走り排水管の勾配の最小値は、管径が100mmのものについては、1/200、管径が150mmのものについては、1/100とした。
4. 防火区画の壁を貫通する給水管は、JISによる呼び径75mmの硬質塩化ビニル管とし、周囲のすき間をモルタルで埋めた。
5. 屋上に設けた給水タンクの有効容量が3立方メートルであったので、通気装置を有効に設けた。

■正解     3

【設問20】問題データなし

【設問21 】壁式プレキャスト鉄筋コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 部材の鉄筋に対するコンクリートの最小かぶり厚さは、非耐力壁・床・屋根の場合は20mm、耐力壁・柱・はりの場合は30mmとした。
2. 部材の加熱養生において、前養生時間を3時間とし、養生温度の上昇勾配を20℃/hとした。
3. 上階の部材の組立て作業は、下層階の鉛直接合部の充てんコンクリートの圧縮強度が9N/平方ミリメートル{90kgf/平方センチメートル}以上に達していることを確認した後に開始した。
4. 充てんコンクリートの単位セメント量は、280kg/立方メートルとした。
5. 部材接合部分の目地防水材として、JISによる反応硬化2成分形のポリウレタン系シーリング材を採用した。

■正解    1

【設問22 】建築工事に関する用語の説明として、最も不適当なものは、次のうちどれか。
1. 改良積上げ張り工法……下地モルタル面にモルタルを4~6mm程度塗り付け、タイル裏面に張付けモルタルを3~4mm程度全面に載せて、平らにならしたものを張り付ける工法
2. 場所打ち鉄筋コンクリート………地中に掘削したトレンチに鉄筋かごを入れ、コンクリートを打って造成した山留め壁
3. コールドジョイント……………先に打ち込まれたコンクリートの凝結がある程度進み、あとから打込まれたコンクリートと一体にならないことによりできる継目
4. スリップフォーム工法………型枠を連続的に上昇滑動させながらコンクリートを打ち込むことにより打継目のないコンクリート構造物を構築する型枠工法
5. 中堀り工法……既製コンクリート杭の中空部にオーガー等を挿入し、杭先端地盤を掘削 しながら杭中空部から排土し、杭を設置する工法

■正解    2

【設問23 】各種工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 木工事において、造作材の工事現場搬入時の含水率は、重量比で18%以下とした。
2. 外壁モルタル塗りの下地に用いるラスシートは、鉄骨下地に溶接留めで取り付けた。
3. 外壁タイルの伸縮目地調整の位置は、垂直方向では柱形の両側、水平方向では各階ごとの打継目地の位置とした。
4. 外壁乾式工法による張り石工事において、石材の裏面とく体コンクリート面との間隔を85mmとした。
5. 空洞コンクリートブロック工事において、ブロックの1日の積上げ高さを1.6m以下とした。

■正解     1

【設問24 】積算に関する次の記述のうち、建築積算研究会「建築数量積算基準」に照らして、最も不適当なものはどれか。 
1. 基礎や屋根などのコンクリート面の上面の型わくの場合、傾斜している部分については、その勾配にかかわらず積算の対象としない。 
2. 鉄筋の積算において、圧接継手の加工のための鉄筋の長さの変化はないものとみなす。
3. 鋼板の数量の算出において、複雑な形状のものにあっては、その面積に近似する長方形とみなすことができる。 
4. シート防水における重ね代は、積算の対象としない。 
5. 鉄筋コンクリートの柱のフープの長さは、柱のコンクリートの断面の設計寸法による周長を鉄筋の長さとし、フックはないものとみなす。

■正解    4


【設問25 】請負契約に関する次の記述のうち、四会連合協定「工事請負契約約款」に照らして、最も不適当なものはどれか。
1. 発注者が工事を著しく減少したため、請負代金額が2/3以上減少したときは、請負者はこの契約を解除することができる。
2. 発注者は、工事用地を施工上必要と認められる日までに確保し、請負者の使用に供しなければならない。
3. 鉄筋コンクリート造の建築物の瑕疵担保期間は、瑕疵が請負者の重大な過失によって生じたものである場合は、引渡しの日から10年である。
4. 施工について、図面及び仕様書に適合しない部分があるときは、請負者は、その費用を負担して改造するものとし、このために必要な工期の延長を求めることができる。
5. 発注者は、必要によって、請負者に工期の変更を求めることができる。

■正解     5