一級建築士 学科 過去問

法規を除いたH21までの過去問。自分用にカスタマイズするのに、ご活用ください。まじめに、やさしく、おもしろく。もりもり学ぶ。

H9 計画・環境 問題1-25・解答

【設問1 】建築環境工学で用いられる用語に関する次の説明のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 暖房デグリーデイ(暖房度日)
暖房室内温度と毎日の日平均外気温との差を求め、その温度差を暖房期間にわたって積算した値
2. 永久日影
建築物などにより直射日光が遮断されるため、一年を通じて全く太陽直射光の当たらない領域で、日本では、夏至の日に終日日影となる部分
3. 照度分布
照明器具の配光特性を示すため、照明器具の中心を原点とし、光源の光度を極座標に示したもの
4. フラッターエコー
平行に相対する音響反射面の間で、音が同じ経路を何度も往復反射し、音が二重三重に繰り返し聞こえる現象
5. 露点温度
重量絶対湿度を一定に保ちながら空気を冷却した場合に、相対湿度が100%となる温度

■正解   3

【設問2】換気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 建築物の出入口における漏気の防止には、一般に、回転扉に比べて風除室を設けた二重扉のほうが有効である。 
2. 暖房時における高層階の室内圧は、同じ高さの静止外気圧に比べて高くなる傾向がある。
3. 局所換気は、有効な給気口及び給気経路を計画しておかないと、換気量が確保できなかったり、扉の開閉に障害が生じたりする。
4. 全般換気は、室全体の気流分布を考慮して、室内で発生する汚染空気の希釈、拡散、排出を行う換気方式のことである。
5.  自然換気は、季節による外気温の変化、風の強弱、風向きの変化により換気量が左右される。

■正解   1

【設問3 】伝熱・断熱に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 壁体表面の熱伝達率は、一般に、平滑面よりも粗面のほうが大きい。
2. 壁体表面の熱伝達率は、一般に、表面に当たる風の影響を受けない。 
3. 壁体中の空気層の両側にアルミ箔を入れると伝熱量が低減する。
4. 空気層の断熱効果は、その気密性により変化する。
5. 布基礎を用いる場合、地盤を通じての熱損失は、通常、地盤に接する布基礎の長さにほぼ比例する。

■正解    2

【設問4】【設問5】問題データなし

【設問6】音響に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 250Hzの音の場合、C特性音圧レベルのほうがA特性音圧レベルより大きい値を示す。  
2. 多孔質材料を剛壁に取り付ける場合、一般に、多孔質材料と剛壁面との間の空気層の厚さを増すと、低周波数域の吸音率が大きくなる。
3. 通常、室内の残響時間は、その室内に多数の人がいる場合のほうが、一人もいない空室状態より短くなる。
4. 床衝撃音レベルに関する遮音等級L‐50は、L‐40に比べて、床衝撃音の遮断性能が高いことを表す。 
5. 室間平均音圧レベル差に関する遮音等級D‐50は、D‐40に比べて、室間遮音性能が高いことを表す。

■正解    4

【設問7 】色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.JISにおいては,安全色彩として赤・黄赤・黄・緑・青・赤紫・白・黒の8色が定められている。
2.暖かく感ずる色相には,一般に,進出性と膨張性がある。
3.昼光色蛍光ランプの色温度は,一般に,白熱電球色温度より低い。
4.平均的な昼光で照明される物体の色を表示する場合には,標準の光D65を用いる。
5.xy色度図上においては,色度点間の距離が等しくても,人間の感覚的な色差は必ずしも等しくない。

■正解    3

【設問8】人間の感覚に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 色の軽重感は明度によって影響を受け、一般に、明度の高い色は軽く、低い色は重く感じる。
2. 通常、室内で感じる不快な臭気の多くは、二酸化炭素の臭いである。
3. 強風によって超高層建築物に生じる振動(揺れ)は、水平変位が大きい場合もあり、人によっては船酔いの症状を起こすことがある。
4. 20Hz以下の超低周波音は、音としては聞こえないが、身体のいずれかの部分で圧迫感やしびれのような感覚を起こすことがある。
5. 明るさの変化に関しては、明順応に要する時間に比べて、暗順応に要する時間のほうが長い。

■正解      2

【設問9 】集合住宅に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. バルコニーの計画において、リビング・バルコニーとしての機能を高めるために、奥行きのあるまとまったスペースを確保できるベイ・バルコニーを設けた。
2. 1階を高齢者用住戸とするために、屋外のスロープの勾配を1/20とした。
3. 各戸の個別性を表現するために、住戸の出入口まわりの空間に、鉢台の設置など居住者が手を加えられる部分を計画した。
4. 団地敷地内に歩車共存ができる道路を設置するために、車の通行スペースを蛇行させて、速度を落とさせる「シケイン」と呼ばれる手法をとり入れた。
5. 分譲集合住宅において、区分所有者及び議決権の各2/3の賛成が得られたので、共有部分の大規模な増改築を行った。

■正解    5

【設問10 】問題データなし

【設問11 】延べ面積10000平方メートルのスーパーマーケットの計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 売場面積を延べ面積の65%とした。
2. 売場の主通路の幅を3m、副通路の幅を1.8mとした。
3. 避難計画において、避難対象人員を売場面積1平方メートル当たり0.5人とした。
4. 売場の天井の高さを3mとした。
5. 売場の照度を500lxとした。

■正解    5

【設問12】学校建築に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 小学校の配置計画においては、低学年教室群と特別教室群とをひとまとめにすることが、教育上も生活上も有効である。
2. 特別教室型の運営方式の場合、クラスの居場所が常に確保されているので、生徒の安心感の形成につながる。
3. 教科教室型の運営方式においては、教室の利用率が上がり教室数が少なくてすむので、共通学習スペースや生活スペースの充実も可能となる。
4. 履き替えのある昇降口を計画する際に、校舎内を汚さないためには、履き替え線を設定し、下足ゾーン側に上足入れを、上足ゾーン側に下足入れを設置することが有効である。
5. チームティーチングや選択講座制を導入する場合には、学習集団の大きさの変化に対応できるフレキシブルなオープンスペースを計画する必要がある。

■正解    1

【設問13 】公共建築に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 美術館における休憩スペースを、展示壁面の長さ200mごとに配置した。
2. 地域図書館の開架貸出部門に席貸しだけの閲覧室を設け、その座席数をできるだけ多く確保した。
3. 劇場の計画において、客席と舞台の一体感を高めるために、舞台にプロセニアムをもたないオープンステージを採用した。
4. 地方中核都市の鉄道の駅を計画するに当たって、旅客の経路を明快にするため、橋上通路を設け、出札窓口や改札口を中央部に集約した。
5. 高齢者の利用する施設と児童館を併設する計画において、両者の出入口を分離した。

■正解    2

【設問14 】窓に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 突出し窓は、縦長の開口部に適しており、オペレーターを用いて、排煙窓として使用されることが多いが、気密性・水密性に劣る。
2. 滑り出し窓は、オペレーターやフック棒による遠隔操作が可能で、高所にも使用される。
3. はめ殺し窓は、主に採光等を目的とし、気密性・水密性に優れているが、室内からのガラス外面の清掃が難しい。
4. 縦軸回転窓は、換気に便利で、ガラス面の清掃も容易であるが、ストッパーのしっかりしたものを使用しないと風にあおられるおそれがある。
5. 上げ下げ窓は、縦長の開口部に適しており、通風・換気用に使用されるが、障子の大きさ・重量・可動の幅に制限がある。

■正解    1

【設問15 】建築物の周辺環境に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 建築物が周辺に及ぼす電波障害は、その建築物の形状や外壁の仕上材料によって異なる。
2. 建築物は、道路交通騒音の伝搬に影響を与え、騒音の強くなる場所と弱くなる場所を生じさせることがある。
3. 独立した建築物において、風下壁面から煙などの汚染質を排出した場合、風下壁面及び地上面における濃度が、一般に、高くなる。
4. 建築物が高層化、巨大化すると圧迫感や閉鎖感の高まりを感じるが、これは人の視野に占める建築物の割合と密接な関係がある。 
5. 2棟の高層建築物を並べて配置する場合、2棟の間に発生する強風は、間隔を狭くするとピーク時の風速は弱くなるが、風速の増加する領域は広くなる。

■正解    5

【設問16 】高齢者や身体障害者の利用を考慮した計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 高齢者や身体障害者に配慮した計画に関する法制化の例として、アメリカのADA法(1990年)や日本のハートビル法(1994年)がある。 
2. 車いす使用者は、方向転回に直径150cmの平面空間を必要とし、2cm以上の段差を越えることは難しい。
3. 緑系の色を用いた非常口のサインは、高齢者の視覚に対しても有効である。
4. 視覚障害者の杖による歩行を想定して、通路の側方にある壁面からの突出物の突出寸法の限度を20cmとする。
5. 聴覚障害者は、後方の情報を認識しにくいので、これを補うために標識や字幕を用い、視覚による情報の伝達をはかることは効果がある。

■正解     4

【設問17 】昇降機の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 百貨店の売場における客の昇降については、エレベーターとエスカレーターの使用比率を20:80として設定した。
2. 高層事務所ビルにおいて、低層用5台、高層用5台のエレベーターをそれぞれ一列に並べ、対面させて配置した。
3. 病院の寝台用エレベーターとして、かごの幅1.5m、奥行き2.5m、積載重量1000kgのものを設置した。
4. 非常用エレベーターを乗用エレベーターとして利用できる計画とした。
5. 一戸建住宅用のエレベーターとして、かごの床面積1.1平方メートル、積載重量200kg、定格速度を12m/分のものを設置した。

■正解    2

【設問18 】建築設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 一般的な事務所ビルの臭気やVOC(揮発性有機化合物)などの基準値については、建築基準法及びビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)において定められていない。
2. タスク・アンド・アンビエント空調方式は、個人の好みに応じて室内環境を調整できるとともに、不在のスペースの空調運転を停止することもできるため、空調用エネルギー使用量の削減に有効である。
3. CECは、空調設備に関するエネルギーの効率的利用の判断基準で、事務所・物販店舗・ホテル・病院・屋内競技場の5種類の用途の建築物に対して基準値が定められている。
4. 床吹出空調方式や、大空間等で採用されるディスプレイスメント(置換)空調方式などは、居住域に対する空調方式であり、上下温度分布の形成を積極的に利用して、使用エネルギーの軽減を図るものである。
5. 維持管理計画におけるPM(プリベンティブ・メンテナンス)とは、あらかじめ決められている手順により、計画的に点検・ 試験・調整等を行い、使用中の故障を未然に防止するために行われる保全処置のことである。

■正解    3

【設問20 】受変電室及び受変電設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 受変電室を地階に設置する場合は、湿気が少なく、水の侵入又は浸透のおそれのない位置に計画する。
2. 受変電室は、機器の搬出入に便利で、日常の保守点検が容易にできる位置に計画する。 
3. 受変電室は、不燃材料で造った壁、床、天井で区画され、窓等の開口部のない室とする。 
4. 受変電室には、有効な換気設備を設ける。
5. キュービクル形受変電設備は、周囲との間に保有距離をとれば、屋外にも設置することができる。

■正解    3

【設問21 】給排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 雨水立て管は、通気管に連結することは認められているが、汚水排水管と兼用したり連結してはならない。
2. 給水圧力が高すぎると、給水管内の流速が速くなり、ウォーターハンマーなどの障害を生ずる。
3. 厚生省令による水道水の水質基準においては、大腸菌群は「検出されないこと」と定められている。
4. 通気管の主な目的には、トラップの封水を保護し、排水管内の流れを円滑にすることがある。
5. 分流式排水とは、敷地内の排水設備においては、汚水と雑排水を別系統にすることをいい、公共下水道においては、「汚水及び雑排水」と「雨水」とを別系統にすることをいう。

■正解    1

【設問22 】スプリンクラー設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 湿式の閉鎖形スプリンクラー設備は、ヘッドの感熱開放により、すぐに散水を開始する方式であり、最も一般的に使用されている。
2. 予作動式の閉鎖形スプリンクラー設備は、ヘッドとは別に設ける感知機と連動して予作動弁を開き散水する方式であり、誤作動による被害が許されない電算室等に適している。
3. 乾式の閉鎖形スプリンクラー設備は、ヘッドの感熱開放により、圧縮空気が排出され、乾式弁が開き散水する方式であり、凍結のおそれがある寒冷地で使用される。
4. 開放形スプリンクラー設備は、起動弁の手動操作により一斉開放弁を開き、散水する方式であり、地下駐車場等に使用される。 
5. 開放形スプリンクラー設備における加圧送水装置から一斉開放弁までの配管は、閉鎖形スプリンクラー設備と同じように、常時、加圧充水されている。

■正解   4

【設問23】問題データなし

【設問24 】都市計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 土地区画整理事業は、秩序だった市街地を構成するため、土地の区画形質を整え、道路・公園・上下水道等の整備を行う開発事業である。
2. パーソントリップ調査は、人がある目的をもって行動するとき、何の交通手段で、いつ、どこからどこまで動いたかを分類し、調査する方法である。
3. 都市防災のため、災害時の避難経路や避難場所としてだけでなく、火災の延焼防止や遮断にも役立つ防火緑地帯の幅は、30m以上必要である。
4. ごみ処分においては、埋立て処分に比べて焼却処分の割合が増加し、焼却の際に発生する熱エネルギーを有効利用する例も増えている。
5. 市町村の都市公園の敷地面積の標準は、都市公園法施行令により、住民1人当たり10平方メートル以上と定められている。

■正解    3
 
【設問25 】日本の歴史的建造物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1. 浄土寺浄土堂は、重源によって建立された大仏様(天竺様)の建築である。  
2. 妙喜庵待庵は、小堀遠州作の書院茶室である。
3. 桂離宮は、江戸時代に造営された数寄屋造りの代表例である。
4. 円覚寺舎利殿は、禅宗様(唐様)の建築の例である。
5. 日光東照宮の社殿は、本殿と拝殿との間を石の間でつなぐ権現造りの例である。
 
■正解     2